アスベストの除去費用は!?アスベスト処理・除去工事にかかる費用料金

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

フォームはたったの2項目!カンタン10秒でお申し込み完了!



目次

【アスベスト調査】アスベスト調査の費用料金

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

アスベストの除去工事をする前の、最初のステップとなるの「アスベスト調査(サンプリング調査)」です。

  • 建物のどこにアスベストが含まれているのか
  • アスベストの含有量がどれくらいなのか
  • どんなアスベスト建材が使用されているのか

を事前に把握しないと、一番知りたいアスベストの除去費用も計算できません

そして、飛散防止対策の強化により、アスベスト除去の工事をする前に届出を出すことは義務付けられています。

所有している建物にアスベストがどれくらい含まれているのか調査することは必須です。

「大気汚染防止法」に基づき、特定建築材料が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業を行う際には、事前に都道府県等に届出を行い、石綿飛散防止対策(作業基準の遵守)が義務づけられます。引用:大気環境中へのアスベスト飛散防止対策|環境省【公式】

この届出を出さずに除去工事を始めてしまうと、法律違反となりますので必ずアスベストがどれくらい含まれているのか事前調査をしましょう。

そして、このアスベスト調査ですがもちろん費用がかかります

当サイトで紹介するアスベスト除去業者は、業界最安値・即日でアスベスト調査ができるのが魅力!

しかも、現地見積もりは無料ですから、安心してアスベスト調査を依頼できます。

※調査の流れはコチラで詳しく説明しています

【現地調査】アスベスト調査の費用料金

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

アスベスト調査を徹底するなら、アスベストに関する知識と調査・除去経験が豊富な専門員による調査がベストです。

調査・分析サービスが正確であることはもちろん、調査費用はわかりやすい「すべて込みの料金」なので、

あとになって「出張費や交通費がかかります」とか「調査報告書の作成は別料金です」なんて請求を受けることはありません。

地域エリア 費用 ※1検体あたり
東京都内 39,000円(税別)
その他の関東エリア 42,000円(税別)

ご覧のとおり、当サイトが紹介するアスベスト調査では、エリアごとに「すべて込み」の明瞭な料金体系をご用意して、業界最安値のアスベスト調査を提供しています。

定性分析とは「アスベストを含有しているか?」を分析し、定量分析とは「どのくらいのアスベストを含有しているのか?」を分析します。

分析の種別としてカンタンなのは定性分析、さらに詳しいものとしては定量分析となりますが、安い「定性分析」でも十分アスベストの含有量がわかります

【サンプル送付調査】アスベスト調査の費用料金

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

気になる箇所のアスベスト調査だけをお願いするならサンプル送付という方法も便利です。

お客さまご自身に試料を採取していただき、当サイト指定の送付先に送ってもらうことでアスベスト調査ができます。

お仕事が忙しくて現地調査の日程を調整するのが難しい方や、アスベスト除去業者がお近くにはない方にはオススメの方法です。

サンプル送付調査 費用 ※1検体あたり
定性分析 20,000円(税別)
定性・定量分析 30,000円(税別)

サンプル送付によるアスベスト調査を提供している業者はいくつかありますが、その中でも業界最安値の費用で調査ができます。

サンプル送付にかかる費用はお客さまでのご負担をお願いしていますが、なんといってもサンプル送付調査では現地調査よりもさらにリーズナブルなアスベスト調査が可能です。

もちろん、公的な証明になる調査報告書の作成費用も込みのお値段で「報告書の作成費用は別途」なんてトラブルはありません。

全国どこでも業界最安値・即日のアスベスト調査が受けられます。

フォームはたったの2項目!カンタン10秒でお申し込み完了!



【アスベストの除去費用】アスベスト除去工事の費用料金

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

では、実際のアスベスト除去工事の費用は一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

その大きな目安となるのが、国土交通省が公表している「石綿(アスベスト)除去に関する費用について」という資料です。

国土交通省の発表によるアスベスト除去工事費用の目安

アスベストの処理面積 国土交通省が発表した除去費用(税別)
300㎡以下 20,000~85,000円/㎡
300~1,000㎡ 15,000~45,000円/㎡
1,000㎡以上 10,000~30,000円/㎡

参考:石綿(アスベスト)除去に関する費用について|国土交通省【公式】

この資料は、社団法人建築業協会が1年間の間におこなわれた、195件のアスベスト除去工事を対象に費用を集計したものです。

処理面積が小さければ1㎡あたりの除去工事の単価が高くなって、処理面積が広くなると単価が安くなっています。

どんなに面積が小さくても、必要になる資機材などは面積が広い場合と変わらないので1㎡あたりの単価を計算すると割高になってしまうからです。

後、同じ処理面積でも除去工事の費用に大幅な差があります。

例えば、処理面積300㎡以下なら、最低単価は2.0万円、最高単価は8.5万円となっていて、4倍以上の差がついています。

これは、単に「業者によって費用が違う」なんていった単純な話ではありません。

たとえ処理面積が同じでも、アスベスト除去にかかる手間や除去工事をおこなうまでの周辺環境の整備などのコストに差があったことが大きな原因だと考えられます。

レベルによってアスベストの除去費用が違う

アスベストの除去費用で一番大事なポイントは、レベル」によって費用が変わることです。

実は、国土交通省の除去工事費用の目安には「レベル」が考慮されていません。

本来なら、レベル1・2では作業手順も多く、作業環境の整備なども徹底しているため、費用が高額になります。

全く同じ広さのアスベストを処理した場合、たとえば30坪程度の住宅を例に挙げると、特別な設備などを使用しないレベル3では通常の解体費用に30万円程度が増額されるだけで済みます。

ところが、レベル1・2になると通常の解体費用に100万円以上が増額されるのです。

工事前の各種届出の手間、現場の密閉、休憩室や前室の設置、特殊な機械類の使用などを考慮すると、やはりレベル1・2では解体・処理費用が高額になると考えておくべきでしょう。

アスベストの除去費用は実際の現場を調査しないと算定できない

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

アスベスト除去工事の見積りは、現地を調査しないと完全に算定できません。

アスベスト除去工事では、除去作業によって危険なアスベストの繊維が飛び散ってしまうのを防ぐために、基本的には工事区画をシートなどで覆って密閉した状態で施工します。

実際のアスベスト除去工事では、窓やドアなどの開口部の状況、天井の高さや形状など、建築図面だけではわからない情報がたくさんあるので、現場を見ずに正確な見積りを算出するのは難しいのです。

全く同じ面積でも、開口部が多かったり、周辺環境を配慮して密閉しなければいけない箇所が増えたりすれば、アスベスト除去の工事費用は高くなります。

国土交通省が公表しているデータでは処理面積をベースにしているので単価に大幅な差がありますが、処理面積が小さくても手間が増えれば工事費用は高くなり、手間が少なければ処理面積が広くても思ったほどには高くなりません。

アスベスト除去工事の費用は、経験豊かな専門員がその目で現地を確認しないと正確には算出できないのです。

【当サイトの料金】アスベスト除去工事の費用料金

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

当サイトの「アスベストの除去費用」の大体の料金目安はこちらになります。

実際の現場を見てアスベストのサンプリング調査をしないと、細かい費用は算定できませんので無料見積もりを申し込んでください

※足場以外のすべての費用込みです

【レベル3】レベル3のアスベスト解体・除去費用

アスベストの「レベル3」の除去費用は、2,900円/㎡となります。

【レベル1・2】レベル1・2のアスベスト解体・除去費用

アスベストの処理面積 当サイトの除去費用(税別) 国土交通省が発表した除去費用(税別)
300㎡以下 8,900~24,900円/㎡ 20,000~85,000円/㎡
300~1,000㎡ 6,900~9,900円/㎡ 15,000~45,000円/㎡
1,000㎡以上 6,400~8,900円/㎡ 10,000~30,000円/㎡

フォームはたったの2項目!カンタン10秒でお申し込み完了!



【アスベストの解体費用】アスベスト解体工事の費用料金

アスベスト解体費用=アスベスト除去費用 + 解体費用になります。こちらの表は解体費用の目安になります。

解体する建物 解体面積
木造 30,000円~40,000円/坪
S造 40,000円~50,000円/坪
RC造 50,000円~60,000円/坪

※解体工事の金額は、建物の構造・面積・立地により変わります

解体工事を行う場合、事前調査とその記録及び掲示が義務付けられており、事前調査の結果、アスベスト含有建材があると認められる場合は、解体工事実施時のアスベストの飛散防止対策が必要になります。引用:アスベスト対策Q&A|国土交通省【公式】

建築物又は工作物の解体等の作業を行うときは、あらかじめ石綿(アスベスト)の使用の有無を調査する必要があります。石綿等の使用の有無を目視、設計図書等により調査し、それでは明らかとならなかったときには、石綿の使用の有無を分析しなければなりません。引用:石綿(アスベスト)問題への取組|環境省【公式】

平成26年6月1日より大気汚染防止法が強化され、解体工事をする前には必ずアスベスト調査を行いアスベストの有無を分析しなければならなくなりました。

建物の解体を行いたい方も、まずはアスベスト調査から始めましょう。

【無料見積もり~工事完了】アスベストの無料見積もりから工事完了の流れ

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

当サイトでは、お手持ちの物件のアスベスト除去を業界最安値で、しかもムダな手間を一切省きながら最高の技術で提供しています。

実際にアスベスト除去工事の見積りのご依頼を受けた場合の流れを紹介しましょう。

①無料見積りを依頼(フォーム入力)

まずは当サイトで用意しているカンタンな「無料見積り依頼」のフォームに情報を入力して送信していただきます。

ご依頼のお申込みフォームに入力する情報は「お名前」と「お電話番号」の2点だけ。

ほどなく、当サイトからお客さまあてにご連絡を差し上げるので、お住まいのエリアやアスベスト除去工事をしたい物件の概要などをお伝えください。

現地調査をおこなうための日程を調整いたしますので、ご希望の日時をお伝えください。

②アスベスト除去業者による現地調査

お申込みの際にお伝えいただいた日程にあわせて、実際にアスベスト除去工事をしたい物件に専門業者がお伺いします。

お見積りの現地調査と同時に、プロのアスベスト除去業者が直接にサンプルを採取してアスベスト調査をおこないます。

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

ここでぜひみなさんにお願いしたいのが、現地調査の立会いと建築図面の用意です。

現地調査では、これまでに数多くのアスベスト除去工事を施工してきたプロの専門業者がお伺いして、建物の状況、周辺の住宅や道路の状況などを確認します。

あわせて、物件の増改築の履歴など、物件のオーナー様にお伺いしないとわからない情報もたくさんあるので、現地調査にはできる限りのお立ち会いをお願いしています。

現地調査の立ち会いは概ね15〜30分、長くても1時間程度です。

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

アスベストの調査票

また、お手持ちであれば建築図面もご用意いただけると、調査の精度がさらに増します。

マンション・アパート物件や中古住宅では、以前のオーナーが増改築をおこなっている可能性があるので、建築当時の図面と現在の状況を照らし合わせることで調査漏れを防ぐことができます。

もちろん、お仕事の都合などで現地調査への立会いができない場合は、ご不在のままでも調査は可能です。

「すべてお任せしたい」という方や、遠方の物件で立会いが難しい方はお気軽にお申し付けください。

③見積り送付

現地調査から数日後には、お客さまのお手元に見積り書をご送付いたします。

「◯日までに見積り書がほしい」などのご要望にも柔軟にお応えしておりますので、ぜひお気軽にお申し付けください。

現地調査や除去工事が混み合っている場合は、少々お時間をいただくことがございます。

④検討

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

アスベスト除去業者から見積り書を取り寄せたら、1㎡あたりの除去費用やその他の付帯作業などにかかる費用など、詳しい内容をしっかり吟味しましょう。

廃棄物の処理費用などがしっかりと組み込まれているのかのチェックもお忘れなく。

見積り書の内容でよくわからないことがあれば、その業者に内容を尋ねてください。

内容の詳細や比較のポイントを丁寧にお伝えします。

⑤契約・工事開始

実際にアスベスト除去工事をお願いすると決めたら本契約を結びます。

契約の段階で工事の開始時期や工期の説明があるので、これに準じてアスベスト除去工事が始まります。

もし、見積り書を取り寄せて納得できなかった場合は、はっきりとお断りをしても問題はありません

⑥建物滅失登記の申請(サポートあり)

アスベスト除去工事が完了すると、施工業者は役所に「工事完了報告書」を提出します。

工事完了報告書は、適切にアスベスト除去が完了したことを証明する書類になるので、提出済みの報告書のコピーをもらいましょう

また、建物の解体に伴ってアスベスト除去工事をおこなった場合は、1ヶ月以内に法務局で「建物滅失登記」を申請する必要があります。

建物滅失登記に必要な書類

  • 建物取毀(とりこわし)証明書
  • 解体業者の資格証明書または履歴事項全部証明書
  • 解体業者の印鑑証明書

建物滅失登記は、行政書士などに申請を代行してもらうことができますが、その際には手続き費用として5万円程度を支払うことになります。

せっかくアスベスト除去工事を業界最安値で提供するのですから、手続き費用などのムダも徹底的に省いていきましょう。

アスベスト除去に伴う建物滅失登記の申請についても、しっかりとサポートいたしますので、ぜひご活用ください。

当サイトでは、業界最安値・即日対応のアスベスト除去工事を、さらに「業界最強のサポート」で提供します

【調査・分析】アスベスト調査・分析の流れ

【アスベストの処理費用】アスベスト調査料金とアスベスト除去工事にかかる費用料金

プロの業者によるアスベスト調査はどんな方法で、どういった流れでおこなわれるのでしょうか?

ここでは、アスベスト除去工事を施工する前には必須となる調査・分析の方法や流れについて解説します。

【アスベスト調査・分析の流れ①】書面による調査

アスベスト調査の第一歩となるのが、資料から読み解く「書面による調査」です。

建築図面や設計図などから、建築当時に使用された建材や仕上げ材を特定することができます。

建材や仕上げ材を特定することができれば、国土交通省・経済産業省が公表している「石綿(アスベスト)含有建材データベース」を参考に、アスベストが使用されているのかを調査します。

これが「書面による調査」です。

ただし、建築図面や設計図などは、専門用語や略称などが使用されていることが多いため、一般の方がみてもどのメーカーのなんという製品なのかを判別するのは難しいでしょう。

また、建材の中には、以前はアスベストが使用されていて、ある時期からはアスベストを含有しなくなった建材があります。

建築年とデータベースを照らすとアスベスト建材には該当しなくても、施工会社の在庫状況などによってはアスベストを含有している建材が使用されているケースがあるため、書面による調査はある程度の幅を持たせる必要があります。

このあたりが適切に判断できるのは、やはり数多くのアスベスト除去を経験しているプロのなせる業なのです。

とはいえ、やはり書面調査は単なる情報でしかありません。

材料の調達ミスや材料不足などのトラブルがあれば、建築図面や設計図のとおりに建設されているとは限らないのです。

【アスベスト調査・分析の流れ②】目視調査

現地調査では、最初に建材を目で見てチェックする「目視調査」でアスベスト建材の存在を判別します。

経験豊かなアスベスト除去業者なら、壁材や天井材などのように一定の規格で製造されたものなら、アスベスト含有の可能性があるもの、可能性がないものを判別することができます。

目で見るだけでなく、手で触れて質感をチェックするなど、ここでもプロの業が光ります。

【アスベスト調査・分析の流れ③】サンプリング

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金

吹き付けの天井のサンプリング

建築図面などの情報や、実際に建材を目視したうえで、アスベスト含有の可能性が認められた箇所は、建材の一部をサンプルとして採取してアスベスト調査にまわします。

この工程を「サンプリング」といいます。

サンプリングの際にも、微量ながら危険なアスベストの繊維が飛び散ってしまうことがあるため、粉じん飛散対策は欠かせません

また、建材の表面に塗装されている仕上げ材にもアスベストが配合されていることがありますが、仕上げ材に使用されているアスベストは塗料の内側にある「主材」と、建材と主材の密着を高めるために塗装されている「下地調整材」に多く配合されています。

目視調査でどんな仕上げ材が使用されているのかを確認し、主材・下地調整材までしっかりとサンプリングしないとアスベスト調査の効果はありません

もちろん、プロのアスベスト除去業者ならこのあたりは熟知しているのでミスすることはありません。

【アスベスト調査・分析の流れ④】分析

サンプリングした建材を科学的な分析にかけて、アスベスト含有の有無を調査します。

まず、採取したサンプルを0.5㎜よりも小さい程度にまで粉砕します。

粉砕したサンプルに薬品を混ぜて不純物を取り除き、残った物質をX線にかけると、アスベストを含有している場合は特有の反応を示します。

これがアスベストの有無を調べる「定性分析」です。

さらに、サンプルの中に存在するごく微細な繊維1000本の中に何本のアスベスト繊維が含まれているのかを調べることで、アスベストの含有率がわかります。

これが「定量分析」です。

アスベスト含有の有無や含有率の分析は、自社で分析機器や検査員を用意している業者もありますが、外部の分析業者に委託する場合もあります。

自社分析であれば即日で結果がわかりますが、外部委託になると結果がわかるまでに数日〜1週間程度の時間がかかることがあります。

【アスベスト調査・分析の流れ⑤】除去

アスベストの含有が判明すれば、建材に応じた適切な方法でアスベスト除去を施工します。

アスベスト建材には粉じんの飛散が伴うため、作業の危険度に応じて3つの「レベル」が定められています

1970年代までに建設された古いビルやマンションなどでは、もっとも危険度が高いレベル1の「吹き付けアスベスト」が使用されていることが多いため、適切な除去作業が求められます。

また、危険度が低いといわれているレベル3のアスベスト建材は、1980年代にも使用されていたため、残存しているものが多く、やはり適切な除去をおこなわないと危険なアスベストが飛び散ってしまいます。

アスベスト除去には、絶対に周囲にアスベストを飛散させないための対策と技術を熟知しているプロのノウハウが必須なのです。

【アスベストの除去工事】アスベスト調査料金とアスベスト処理・解体工事にかかる費用料金のまとめ

危険度が高いことで注目されている「アスベスト」について、アスベスト除去のプロからたくさんの情報を教えてもらいました。

まだまだ日本中には、家主さえ気づいていない「隠れアスベスト住宅」がたくさん存在するようです。

まずは年代や建築図面からの簡易チェックを実践して、アスベストの使用が疑われる場合はアスベスト調査を、実際に使用されていればアスベストの除去工事をおこなうことをおすすめします。

みなさんとご家族の健康のためだけでなく、大切な住宅やマンションの資産価値を下げないためにも、ぜひアスベスト除去工事で安心のお住まいに変身させましょう。

フォームはたったの2項目!カンタン10秒でお申し込み完了!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です