【メーカー別価格あり】ディスポーザーの仕組みと使い方は!?メリット・デメリットと注意点

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格

ディスポーザーというキッチンのシンクに設置された、生ごみを粉砕して流してくれる便利な機械

最近は、初めからディスポーザー設置済みというマンションが売りに出されていたりします。

そのディスポーザーですが、

  • どのような仕組みで粉砕するのか
  • 取り付けるとしたらどれくらいのお金がかかるのか
  • 維持費はいくらなのか
  • 後付けはできるのか

これらのポイントをふまえて、ディスポーザーの機能とメリット、デメリット、価格について説明します。

家売るレオさん
一度ディスポーザーを使ったら元の生活に戻れないくらい便利って聞いたわ。

私も付けてみたいけど、その前に使い方やデメリットをホームズ店長教えて!!

ディズポーザーとは!?仕組みと使い方

ディスポーザーとは、生ごみを粉砕して下水に流す粉砕機のことです。

一般的には台所のシンクの真下に動かない状態で設置し使います。

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格

引用:ディスポーザーのメカニズム|株式会社日本ESCO

調理をして発生する野菜の切れ端や卵のからなどの生ごみと呼ばれるごみは、一旦コーナーやネットに貯めて、燃えないゴミなどと一緒にして捨てています。

ネットにため込むと臭いが発生したり、捨てる際に手に液体が付いたりして、あまり気持ちの良いものではありませんよね。

また、夏場などは長い時間置きっぱなしにすると虫が発生する可能性を考慮しないといけません。

しかし、ディスポーザーを設置することで、嫌な臭いをかいだり、ごみを寄せ集めたりするわずらわしさを解消することができます。

使い方は簡単!ごみをその都度シンクに流せばいいだけ

発生したごみは、シンクから排水溝に流れて、下に設置してあるディスポーザーが粉砕し下水に流してくれる、という仕組みなんです。

ディスポーザーの3つのメリット

ディスポーザーのメリットですが、匂いや、ごみを集める手間暇が減るということ以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット①生ごみが減るので掃除がラク

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格

ディスポーザーを設置すると、生ごみをため込む必要がないため、キッチンはいつもすっきりして掃除がラクになるメリットがあります。

生ごみを貯めるネットにはシンクの排水溝に取り付けるものと、シンクの隅に置く三角コーナー用のものとありますが、どちらにしても取り外しのたびに生ごみに触れるため、臭いなどが気になります。

シンクをきれいに掃除しても、更に生ごみをまとめる作業はちょっと苦になりますね。

メリット②臭いがなくなる

生ごみをネットにため込んでいたり、ごみを捨てる日までに時間が経っていたりする場合、臭いがひどくなっていることがあります。

臭いが残ることで、人の体調に影響したり、害虫が発生したりするので、心配の種が増えます。

しかし、ディスポーザーは粉砕処理を行ったあと、粉砕された処理物を下水道に流す前に、

浄化槽と言われる特殊な処理ボックスに送り、公害などが発生しないように浄化します。

その際に臭いも処理してしまいますので、臭いが残る、という心配はほとんどありません。

メリット③害虫が発生しない

生ごみを貯めると害虫が発生する可能性があります。

生ごみを貯めこむと、外から害虫が寄り付いてくるパターンと、最悪の場合、不衛生なため虫が発生する、ということも考えられます。

上記で解説したように、ディスポーザーはその都度生ごみを粉砕して流してしましますので、臭いで虫が寄り付く心配がなくなります

更に、流す作業を行いますので、不衛生で虫が発生するという心配もありません。

生ごみで心配なことは匂いと虫が大きいのではないでしょうか。

その両者ともシャットアウトできるという点がディスポーザーの最大のメリットと言えるでしょう。

ディスポーザーの5つのデメリットと注意点

家売るレオさん
ディスポーザーに間違って手を入れてしまったら、指が切れて大変なことになりそうですね。
イエプロ

ディスポーザーは生ごみを粉砕するわけですから、誤って指をいれてしまったら切断されるという心配がありますよね。

ではそういった場合にどうなるか、ここからディズポーザーのデメリットや注意点を見てみましょう。

デメリット①誤って指を入れると切断する

ディズポーザーのリスクとして、誤って指を入れた際に指を切断されるのではないか、という心配があるでしょう。

ディスポーザーはカッターが回転しているイメージがありますが、

排水溝から流れてきた野菜は、ターンテーブルが周りに飛ばし、壁面に設置されたカッターが切断するという仕組みになっています。

そのため、指を入れてもターンテーブルに当たるだけで指が切断されることはありません。これで一安心ですね。

デメリット②コスト費用・維持費がかかる

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格

ディスポーザーを導入すると思った以上にコストがかかります。

ディズポーザーのコスト費用

  • 電気料金
  • 水道料金
  • 浄化槽の維持費

ディスポーザーは電源と水を使いますので、使用した分の電気代と水道代がかかります

1日に3回使用する計算で、1ヶ月の水道代は約120円程度、電気代は約5円程度かかります。

そのほか排水処理槽に空気を送る装置(ブロワ)の電気代が1ヶ月で約400円程度かかります。

引用|NIKKO

ディスポーザーは処理した後の処理物を浄化槽という特殊な処理ボックスに流し、きれいな状態にして下水処理に流します。

この際に使われる浄化槽は一般的な下水だけでなく、生ごみの混ざった下水も処理する機能を備えているため、維持費がかかります。

特にタワーマンションなどで最初からディスポーザーが設置してある場合は、マンション全体で下水管、排水管とは別にディスポーザー専用の浄化槽を備えています。

その場合、浄化槽の定期的な清掃などで費用がかかりますが、その費用は「ディスポーザー保守費」として管理費に組み込まれていることが多いので確認してみましょう。

一戸建ての場合は、浄化槽の維持費を個人的に負担することになります。

デメリット③音が大きい

メーカーによりますが、最新式のディスポーザーは音がかなり小さくなっています。

しかし、やはりモーターを回すためミキサーを回す程度の音が発生します。

調理をする際には、包丁で野菜などを切ったり、フライパンで焼いたりする音しかでませんので、モーターが回る音は違和感があるかもしれません。

そのためディスポーザーを作動している間は音が大きく聞こえるでしょう。

しかし、音が出るのは作動させている15秒程度のディスポーザーがほとんどですので、その程度の我慢は必要かもしれませんね。

デメリット④流せない物がある

デメリット⑤流せない物がある 生ごみを粉砕してくれるとても便利なディスポーザーなのですが、実は流せないものがあります。 ディズポーザーに流せない物 貝殻 牛骨 タケノコの皮 生ごみではないごみ 食事の入っていたビニール袋 柔らかいプラスチック これらは故障の原因になりますので、思わず流してしまった、ということのないようにしましょう。

生ごみを粉砕してくれるとても便利なディスポーザーなのですが、実は流せないものがあります。

ディズポーザーに流せない物

  • 貝殻
  • 牛骨
  • とうもろこしの芯
  • 大量の枝豆のさや
  • タケノコの皮
  • 生ごみではないごみ
  • 食事の入っていたビニール袋
  • 柔らかいプラスチック

これらは故障の原因になりますので、思わず流してしまった、ということのないようにしましょう。

デメリット⑤詰まると大変

ディスポーザーに一旦物が詰まると、水が流れなくなったり、逆噴射したりする可能性もあるため、迅速な対応が必要になります。

詰まったものを取るためには、蓋を取り外して中を見たりするため、大きな作業が発生する場合もあります。

そのようなことにならないように、普段からなるべく詰まらないように注意することが必要です。

  • 大きなもの
  • 種などの硬いもの
  • 繊維質のもの
  • 絡まったりするもの

このようなものは別処理したり、小さくしたりといった工夫が必要です。

デメリット⑥使輪投げ大会いからといって取り外せない

家売るレオさん

詰まったら大変だから注意が必要ようね。

でも、邪魔だと思ったらいっそのこと外しちゃえばいいんじゃないかしら。

イエプロ
それが、実は取り外しができない場合があるのです。
家売るレオさん
え?いらないのに外せないなんて、そんなことあるんですか?

ディスポーザーは使わないから取り外したい、そんな要望に応えられないケースがあります。

もともとディスポーザー付きで販売されているマンションには、そのリスクがありますので注意が必要です。

マンション全体の排水の仕組みをディスポーザーありきで設計している場合は、水処理の仕方が変わってくるため、ディスポーザーの取り外し許可が出ない可能性があります。

その場合は使い続けるか、使わなくても生ごみを自分で処理する必要があります。

ディスポーザーが付いているマンションの場合は取り外しができるかどうかを事前に確認することが必要です。

ディスポーザーの価格

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格

引用|エマソン社のディスポーザー

ではメーカーごとの価格帯を見てみましょう。

メーカー 機種 価格
LIXIL ランドミルDPR 63,000円
Panasonic KD-133 63,000円
MAX GD-B181 82,000円
エマソン モデルAC105B 61,000円
テラル DSP-100H 73,000円
安永クリーンテック YD200BWP 63,000円
スキューズ F13 71,000円

現時点でディスポーザーの販売を行っているメーカーの価格帯をまとめてみました。

ディスポーザー事業はメーカーの参入や撤退が頻繁に行われていますので、交換の際は過去に設置したディスポーザーのメーカーが今もサービスを行っているか、一度確認が必要です。

メーカー別のディスポーザーの価格は表にあるように安いもので6万円前半、高いものだと8万円を超えます。

ほとんどのメーカーが新規の販売より、既設のディスポーザーの交換に力を入れているようで、上記の本体価格以外に、

  • 既設ディスポーザーの撤去費用
  • 交換工事費
  • メーカー保証
  • 延長保証

で2万5,000円くらいの価格設定をしています。

延長保証とはメーカーの保証期間を、新しい機種に変えた分延長するというものです。

上記のサービス内容まで含めると、本体価格と合わせて10万円くらいはかかるとみていた方が良いでしょう。

引用|エマソン社のディスポーザー

ディスポーザーでかかる費用はこれだけではありません。購入時にかかる費用は上記のように工事費までを含めた金額がかかりますが、設置した後、ディスポーザー専用の浄水層の維持費がかかります。

一般的に使われている下水処理の点検費用の倍くらいはかかりますので、買って終わり、ではなく維持費まで含めた資金計画が必要になります。

家売るレオさん
決して安くはないけど、臭いや害虫の心配をしなくていいなら、取り付けるメリットはありそうですね。

ディスポーザーの掃除方法や交換頻度

ディスポーザーは週に一回のお掃除で大丈夫です。

掃除方法はわざわざ蓋を取ったり、ねじを外したりする必要はありません。

普段使う台所洗剤を流し、ディスポーザーを回しながら氷を流すと良いでしょう。砕けた氷が壁面の汚れを落としてくれるんです。

①ディスポーザーに水を流す
掃除の前にザッとディスポーザー内に水を流す。余計な汚れが残っていない状態にする。

②ディスポーザーの粉砕室に氷を数個入れる
ディスポーザーの中に氷を数個入れる。ヌメリなどの汚れが目につくときは、「キュキュット」などの食器用中性洗剤を数滴たらす。

③フタをして回す
生ゴミを処理するときと同じようにディスポーザーを回して流す。砕かれた氷がなかの汚れを落としてくれる。

④ディスポーザーのフタを洗う
最後にフタを外して洗えば完了。フタには粉砕された生ゴミがつくので、「キュキュット」などの食器用中性洗剤をつけたスポンジでお皿と同じように洗う。

引用:ディスポーザーの掃除は氷を使うだけ!|コジカジ

もし、臭いが気になる時は重曹や柑橘系の果物の皮が臭いをとってくれます

ディスポーザーがない場合は、毎日、排水溝の中まで掃除をしている人もいるので、それを考えるとディスポーザーはとても掃除が楽なのではないでしょうか。

ディスポーザーが故障した場合の修理は

家売るレオさん

ディスポーザーは、お掃除もとても簡単でとっても便利な機械なんですね。

あと心配なのは故障した時の修理はどうやってすればいいのかしら。

イエプロ

異物が詰まり手で取れそうであれば、自分でとっても良いでしょう。

ただ目視ができない部分で何か詰まっていたり、原因がわからなかったりした場合は下手に自分で修理を試みるより、業者に相談した方が無難です。

もともとディスポーザーが付いているマンションの場合は業者ではなく、管理会社に問い合わせましょう

もともとついている場合、業者が決まっている可能性があるからです。

また、故障だと思っても故障じゃない場合もありますので注意が必要です。

ディスポーザーには過熱保護装置というセンサーがついていて、モーターが回り過ぎて熱を発した時に反応し止まってしまう仕組みです。

この場合は、電源を抜いてスイッチを入れなおすことで作動することもあります。

ディスポーザーとは!?メリットデメリットとメーカー別の価格のまとめ

ディスポーザーは臭いを出さず、害虫も回避してくれる優れた機械です。

また処理した残存物も特殊な浄化槽で処理するので、自然にも優しく非常に優れた機能を持つ機械だといえるでしょう。

また、掃除も1週間に一度、簡単にできるので、主婦の方でも簡単にメンテナンスできます。

ただ、壊れたときは手間暇とお金はかかるので、硬いものや繊維質のものなどを間違って入れないように、普段から注意して取り扱うことが大切です。

正しい使い方をして、うまくディスポーザーを使いこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です