屋根の縁切り作業の費用価格は!?縁切り作業が必要かチェックするポイント

屋根の縁切り作業の費用価格は!?縁切り作業が必要かチェックするポイント

外壁塗装業者からもらった見積りを見ていると、屋根塗装の工事項目に「縁切り作業」という文字が。

外壁塗装のサイトを通して外壁塗装に関する知識を身につけた方でも「縁切り作業」という用語を知っている方は少ないはず。

「縁切り作業って、どんな作業なんだろう?」と不思議に感じるでしょう。

ここでは、屋根塗装の工程の中でも非常に重要な意味がある「縁切り作業」について紹介します。

縁切り作業とは?

屋根塗装における「縁切り作業」とは、塗料によって埋まって塞がれてしまったスキマを、革鋤(かわすき)やスクレーパーと呼ばれる道具を使って手作業で開けていく工程のことです。

なぜ、せっかく屋根を塗装したのにそんな面倒なことをするのでしょうか?

縁切り作業は「雨漏りの防止」が目的

昔ながらの日本瓦の屋根は、上下の瓦と瓦が重なる部分に指1本分程度のスキマが空いています。

ところが、現在の住宅で主流となっている「コロニアル屋根(カラーベスト屋根とも呼ばれる)」は、薄い板状の瓦を貼り合わせて構成されており、上下の瓦と瓦のスキマはほんのわずかしかありません。

日本瓦の屋根もコロニアル屋根も、共通して言えることは「屋根内部に入った雨水が、瓦と瓦のスキマから外に抜け出る」ということ。

つまり、屋根塗装で瓦と瓦のスキマをふさいでしまうと、雨水の逃げ場がなくなってしまうのです。

特に、瓦自体が薄く、瓦と瓦のスキマが狭いコロニアル屋根では、屋根塗装の薄い塗膜でさえフタになってしまい、雨水が屋根の内部に溜まる事態を引き起こします。

屋根の内部に雨水が溜まっても、最初のうちは防水シートが張られているのですぐには建物内部に浸水することはありません。

しかし、頻繁に雨水がたまっていると、内部の木材を腐食、つまり腐らせてしまい、終いには防水シートが全く役に立たなくなってしまいます。

その結果、雨水は損傷部分から内部に侵入し、みなさんご存じの「雨漏り」が発生するのです。

屋根塗装の縁切り作業は「雨漏りの防止」が目的なんですね。

【プロ業者の一言】

雨漏りは悪徳業者のターゲットとなりやすい項目です。

ひどい業者になると、雨漏り工事と称して瓦と瓦のスキマを全てシーリング(コーキング)材で埋めてしまい、雨水の逃げ道が完全にふさがれてさらに雨漏りが深刻化したという事例がありました。

雨漏りの防止は「ふさぐのではなく空ける」なんですね。

縁切り作業を説明さえしないことも…?

これまでにマイホームの塗り替えを経験したことがあるのに、縁切り作業について「聞いたこともなかった!」という方がいると思います。

実は、縁切り作業については、屋根塗装をしても説明さえしないまま、工程を省略して放置している塗装業者がたくさんいます。

縁切り作業は、瓦1枚1枚のスキマを手作業で空けていくので、かなりの手間がかかります。

屋根塗装といえば、住宅全体の外壁塗装の終盤戦。

そろそろ完成が見えてきたところで、そんな手間のかかる作業をしたくないといういい加減な業者が、残念ながら過半数以上を占めているのが現実です。

できる限り、見積り段階で「縁切り作業ってしてもらえるんですか?」という質問を投げかけてみたり、業者が「今回は縁切り作業は不要ですよ」と言うのであれば理由の説明を受けましょう。

縁切りの道具「タスペーサー」とは?

縁切り作業が見積り書に記載されていれば「タスペーサー差込み作業」などが付記されているかも知れません。

タスペーサーとは、瓦と瓦のスキマに差し込む小さなプラスチック製の板です。

タスペーサーを差し込むことで、瓦と瓦の間に適度なスキマができるので、雨水の通りが良くなります。

タスペーサーを使用してくれる業者は、屋根塗装に関する知識が豊富で、丁寧な施工をしてくれる業者だと判断しても良いでしょう。

縁切り作業の費用・価格

縁切り作業の工事価格を紹介します。

まずは一覧表をご覧ください。

屋根の面積(坪数) タスペーサーの数 工事価格
20坪 約700個 2〜3万円
25坪 約850個 2万5,000〜4万円
30坪 約1,000個 3万〜5万円

ここでは、タスペーサーを使った縁切り作業の工事価格を一覧にしました。

タスペーサーの価格は1個あたり10〜50円程度の安価なものですが、平均的な一般住宅でも1,000個程度は使用することになるので、タスペーサーの材料費だけで5,000円になる計算になります。

これに施工費を合わせると、上記の表で示したくらいの価格になります。

大抵の塗装業者は、縁切り作業をしても屋根工事の価格に含んでいますが、詳しく工事価格の内訳を出してみると縁切り作業の単価は1㎡あたり200〜500円程度になるでしょう。

屋根の縁切り作業、こんなポイントに気を付けて!

多くの方が初耳となる屋根の縁切り作業。

外壁塗装の悪徳業者は「あれも、これも」で工事価格を上乗せしてきますが、なかには「縁切り作業は不要」というケースがあります。

縁切り作業についても、ちょっとした知識を身に付けておけば悪徳業者の被害を防ぐことができるので、ぜひ縁切り作業のポイントを覚えておきましょう。

まず「新築または初回の塗り替えの場合」です。

新築住宅は、コロニアル屋根でも工場から塗装済みで出荷されたものを貼り付けることになるので、縁切りは不要です。

また、初回の塗り替えの際は、まだ塗装の膜が厚くなっていないので、縁切り作業をする必要がありません。

【元プロ業者の一言】

現在、屋根塗装の主流は機械で塗料自体に圧力をかけて吹き付ける「エアーレス」による塗装です。

エアーレスによる塗装は、塗料が薄く吹き付けられるため、初めての塗り替えでは瓦と瓦のスキマを塞いでしまうことはほとんどありません。

ただし、初回の塗り替えでも、ローラーやエアーコンプレッサーを使って厚膜塗料を塗装した場合は縁切り作業をしたほうが安全。

縁切り作業のいる・いらないは「塗料の厚み次第」なんです。

もう一つのポイントは「屋根の勾配(こうばい)」です。

一般的に、屋根の勾配が急な場合は縁切り作業は不要、勾配が緩やかな場合は縁切り作業が必要とされています。

屋根の勾配が急だと、塗装で瓦と瓦のスキマがふさがれることが少なく、また雨水もスムーズに下へ流れ落ちるからです。

このように、屋根の状態や形状によっては「縁切り作業は不要」というケースもありますが、施工後に安心して居住できることを大切にしている業者の中には、屋根塗装時には縁切り作業を標準的におこなうという業者もいます。

できれば、こんな熱心な業者に大切なマイホームの塗り替えをお任せしたいですね。

屋根の縁切り作業の費用価格は!?縁切り作業が必要かチェックするポイントのまとめ

ここでは、屋根塗装時のケアとして重要な「縁切り作業」を紹介しました。

縁切り作業は、屋根内部への浸水を防いで雨漏りを防止するためには非常に大切。

とはいえ、屋根の状態や形状、屋根塗装に使用する塗料の種類などによっては、必ずしも必要というわけではありません。

大切なのは、縁切り作業とは?縁切り作業が必要か・不要か?その理由は?という疑問を施主が納得できるように説明してくれる塗装業者を選ぶことです。

屋根塗装の際には、ひとつの塗装業者だけにこだわらず、複数の業者から見積り書を取り寄せる「相見積り」を実践して、工事の内容や価格をしっかりと比較しましょう。

外壁塗装の「一括見積りサイト」を活用すれば、相見積りもカンタン。

縁切り作業の有無・内容・価格、全てに納得がいく塗装業者と出会えるはずです。

ぜひ、一括見積りサイトを活用して、優良な塗装業者に納得の屋根塗装をお任せしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です