外壁のヒビ割れや剥がれの補修は必須!放置や塗り替えをしないことで起こるデメリット

マイホームの外壁塗装は、ライフプランニングの中でも優先順位が低く評価されがちです。

マイホームを持っている方でも「そういえば、外壁塗装なんて頭になかったな」という方が多いでしょう。

ここでは

  • 「外壁塗装が大事」って言うけど、別にしなくても大丈夫なんじゃない?
  • 外壁塗装をしないことで起こるデメリットが想像できない

という方のために、外壁塗装をしないと起こる最悪の事態について紹介していきます。

これを読めば「やっぱり外壁塗装は必要だ!」と感じるはずです。

外壁塗装は塗り替えないと「耐久性」が落ちる

住宅の外壁塗装は、よく女性のお化粧に例えられます。

外壁塗装のセールストークでも「マイホームのお化粧直し」という形容を使うし、塗り替えたばかりの住宅はまさに新築さながらの輝きを放ちます。

ところが、外壁塗装の最も重要な役割は美しさを演出することではありません。本当に重要な役割は、塗り替えによって耐久性を上げることです。

まず断言しますが、塗り替えないままで10年・20年・それ以上の年数、劣化せずに機能を維持できる外壁用の塗料なんてものはありません。

もし外壁塗装のセールスマンが「ウチは20年以上全く機能が低下しない最高の塗料を使用します!」なんて言ってくれば、即悪徳業者だと判断してもOKです。

特に日本では住宅の重要な部分に木材が使用されている住宅が多く、湿気も多い気候なので、外壁塗装の塗り替えを怠ると、いずれ塗料が傷んだ箇所から腐食してしまいます。

そこで、塗料という保護膜のコーティングをやり直し、住宅の耐久性を上げます。

これが「外壁塗装」なのです。

女性のお肌に例えるなら、お化粧直しというよりも「日焼け止めクリーム」に例えたほうが正しいのかも知れませんね。
ということは、外壁塗装が機能していない住宅は薄化粧どころか「すっぴん」状態。

当然、日差しや紫外線・雨や湿気などの水分・酸性雨・砂ほこりや黄砂などによって激しく劣化し、耐久性が激減してしまうのです。

外壁塗装の耐久性が落ちると?

外壁塗装の耐久性が落ちると、どうなるのでしょうか?
順を追って見てみましょう。

外見上に起きること

外壁塗装の耐久性が落ちると、まず

  • 塗装のヒビ割れ
  • 塗装の剥がれ・めくれ

が起きます。

これは、塗料に含まれているシリコンやウレタン、フッ素などの防水効果が失われてしまうために起きる現象です。

塗装のヒビ割れ、剥がれ・めくれは外壁塗装が「もう限界です!」と叫んでいるサインだと心得ましょう。

ヒビ割れ、剥がれ・めくれを放置すると?

塗装のヒビ割れ、剥がれ・めくれを放置すると、その部分から雨水や湿気が外壁と塗装の間に侵入してしまいます。

外壁と塗装の間に侵入した水分は、保護膜がない「すっぴん」の外壁にダメージを与えます。

その結果、保護膜である塗料だけでなく、外壁自体もヒビ割れ、剥がれ・めくれを引き起こしてしまいます。

外壁にヒビ割れ、剥がれ・めくれが起きてしまうと、非常に見栄えが悪くなります。

それどころか、外壁に「反り」が生じてしまうため、住宅のバランスが悪くなってしまいます。

外壁のダメージを放置すると?

外壁にヒビ割れ、剥がれ・めくれなどのダメージがあると、さらにその内部にまで水が侵入します。

外壁の奥深くに侵入した水は、柱や内壁を腐食させてしまいます。
水が柱や内壁まで腐食してしまうと

  • 雨漏り
  • 水の浸み込み

を引き起こし、室内の住環境を悪くしてしまいます。

さらに、柱や内壁まで腐食すると、住宅を形づくる重要な支柱が機能を失ってしまいます。

さらに住宅の基礎部分であるコンクリートが水に侵されてしまうと、コンクリートが水で中性化されてしまい、強度を失ってしまいます。

支柱である柱や内壁、基礎であるコンクリートが機能を失ってしまうと、

  • 住宅が傾く
  • バランスを失ってすき間ができるため、雨漏りやすき間風が起きる

という最悪の事態を引き起こしてしまいます。

こうなってしまっては、住環境の快適さどころの話ではありません。大規模災害などの際には倒壊してしまう危険もあるのです。

「たかが塗装の劣化」を放置してしまうことは住宅の機能を低下させ、住環境の悪化や倒壊の危険を引き起こす原因となってしまうのです。

塗り替え=光熱費にも影響する⁈

外壁塗装の塗り替えを怠ると日々の光熱費が高くなります。

住環境が悪くなることは意識できても、この点はあまり意識したことがない方が多いはずです。

「塗り替え=光熱費に影響する」には、2つの理由があります。

まず一つは、外壁塗装に使用する塗料の遮熱性・断熱性による影響です。

塗料には、熱を反射して吸収しない「遮熱性」と、熱を逃さずに保温する「断熱性」の2つの効果があります。

カンタンに言うと外壁塗装の塗料には、夏場は遮熱性のおかげで暑い日差しを反射して室内を涼しく保ち、冬場は冷たい外気を遮って室内を暖かく保つ効果があるわけです。

塗装したばかりの塗料には遮熱性と断熱性がありますが、時間が経って保護膜が劣化してしまうと遮熱性・断熱性が失われていきます。

その結果、エアコンなどの冷暖房をよく使うようになるので、光熱費が高くなってしまうのです。

もう一つの理由は、穴やすき間の影響です。

もし外壁に大きなヒビ割れや剥がれ・めくれによる穴が空いてしまったり、住宅のバランスが崩れて傾くことですき間ができてしまえば、当然、エアコンなどの冷暖房の効きが悪くなります。

冷暖房の効きが悪くなれば、暖房の設定温度を上げたり、冷房の設定温度を下げたりするので光熱費が高くなります。

外壁塗装の塗り替えを怠ると、光熱費が高くなる。

工事費用はある程度のまとまった金額になりますが、月々の生活費のやりくりを受け持つことになる主婦の方々にとっては大きな問題となるでしょう。

外壁塗装の劣化を放置しない!

外壁塗装の塗り替えを怠るデメリットを紹介しましたが、意識してマイホームの外壁をチェックする機会はなかなかないでしょう。

「日頃からそんなことを気にするのは面倒だ」という方でも、せめて1年に1度くらい、例えば年末の大掃除の時などにマイホームの外周をぐるっと回ってチェックすることをオススメします。

もし塗料だけでなく外壁自体にヒビ割れや剥がれ・めくれがあれば、すでに重度な症状だと言えます。

とはいえ、小さなヒビ割れは外壁塗装の下地材であるフィラーで、少し大きなヒビ割れや剥がれ・めくれでも補強材やシーリング(コーキング)などを使って補強することは可能です。

大切なのは「そのまま放置しない」こと。

放置すれば、いずれは症状がさらに進行してしまい、外壁塗装の塗り替えどころか外壁自体を修繕リフォームすることになります。

外壁自体のリフォームまですれば…当然、工事費用は高くなります。

外壁塗装の塗り替えをして外壁自体の寿命を伸ばすことで、余計なコストがかかるというデメリットを回避できるのです。

外壁塗装の塗り替えをしないと起こる最悪の事態のまとめ

外壁塗装の塗り替えをしないと、

  • 住環境が悪くなる
  • 大規模災害の際には倒壊の危険につながる
  • 光熱費が高くなる
  • 外壁自体の修繕リフォームに発展すれば、余計な工事費用がかかってしまう

という大きなデメリットがあります。

まずはご自身でマイホームの外周をぐるっと1周し、気になる箇所があれば外壁塗装の「一括見積りサイト」を活用してみることをオススメします。

一括見積りサイトを利用すれば、サイト側が独自に設けた厳しい基準をクリアした複数の優良業者を紹介してくれます。

サイトの利用や見積りは無料なので、一度プロの外壁塗装業者にマイホームをみてもらい、外壁塗装の塗り替え適齢期に達しているのかどうかの診断を受けるのがベストでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です