外壁塗装をするベストな季節は!?シーズンごとのメリットデメリットを徹底解説

時の流れと共に劣化していく家の外壁。ヒビ割れや塗料の剥がれが気になりだす前に修繕したい!とはいえ、外壁を塗り直すとなると時間も費用もばかになりません。

どうせなら、しっかりとその時期を見極めたいところです。外壁塗装を行うにあたり、適した気候などはあるのでしょうか?

ここでは塗装工事を行う上で、シーズンごとのメリットやデメリットなど、知っておいて損のないない情報をお伝えしていこうと思います。

外壁塗装にふさわしくない時期

長年住み続けた家には愛着が湧くものですが、劣化は進んでいます。一番に目が行くのは外壁。

傷んだ自宅を目にして、「また美しい状態に戻したい」という思いはどうしても頭に浮かんでくるものです。

外壁の美しさはその家の印象を左右するというだけでなく、家をさらに長持ちさせる役割も担っているので、塗り替えの時期に関しては定期的に見直す必要があります。

では、塗装工事を行うベストシーズンはだいたいいつごろなのか?外壁塗装にふさわしくない気候はあるのかということについて確認していきたいと思います。

塗料は「湿度85%以上、気温5℃以下」になると乾きにくくなります。ですので、冬の寒い時期や雨が降っている日は塗装工事が中止になることが多々あります。

このような気候の中で強行的に塗装を行った場合、塗料に雨水が混入して綺麗に仕上がらなかったり、まだ乾燥していない状態で塗料を塗り重ねてしまうことで、後日塗装が剥がれてしまうなど、悪影響を及ぼすからです。

適切な湿度と気温の中で塗装工事を行うことが、美しく塗料を塗るための絶対条件になります。

外壁塗装をする前に知っておきたいシーズンごとのメリットとデメリット

外壁塗装を行う上で最も適切な気候は、空気が乾燥していて気温が一定以上であることです。

「湿度85%以上、気温5℃以下」の条件を避けてさえいれば、年間いつでも外壁の塗装工事を行うことができます。

外壁塗装に関して様々な条件をお伝えしましたが、実は安定した気候の秋・春に限らず、冬・夏であっても塗装工事を行うことは可能です。

では、季節ごとにまとめたメリットとデメリットを見ていきましょう。

・春
メリット:気温も湿度も安定している時期です。
デメリット:梅雨前線の発達により雨が降ることもあります。
・梅雨
メリット:雨がよく降るこの季節を避ける人が多いため、安く工事を頼むことが可能で予約も取りやすい。また、気温も高い。
デメリット:梅雨前線が発達すると長時間雨が降る可能性がある。
・夏
メリット:晴天が多い。
デメリット:ゲリラ雷雨や台風が発生する可能性あり。塗装中は窓を閉め切るためエアコン必須。
・秋
メリット:気温も湿度も安定している時期です。
デメリット:台風や秋雨前線により雨が降ることもある。
・冬
メリット:雪が多く降る地域以外は湿度が低く乾燥している。
デメリット:雪が降る、または凍結の可能性がある。

一概には言えない外壁塗装のベストシーズン

湿度や気温のことだけを考えれば、春や秋が外壁塗装を行うベストシーズンだと言えますが、梅雨は雨が多いので避けた方が無難です。

 

とはいえ、気候が安定している春や秋に塗装工事を行っても雨が降らないという保証はないのでデメリットがまったくないとは言えません。そうとなると、いつ塗装工事を行うべきなのか?

春や秋でもデメリットがゼロとは限らない

春や秋でも塗装工事当日に台風や前線などの影響で雨が降ることも考えられます。天気予報を確認していたとしても予想は外れることもありますし、100%雨が降らないというシーズンはないのです。

また、みなさんそれぞれ暮らしている地域の湿度・気温は異なり、必ずしも春や秋に塗装工事を行うべきだと断言はできません。例えば、雪が多く降る地域にお住まいの場合、冬は雪の影響で塗装工事を行うことが難しくなるでしょう。

工事を安く済ませることも可能

外壁塗装の時期を気象条件のみで考えるのではなく、費用を安く済ませることを重視するというのであれば、業者への工事依頼が少なくなる梅雨の期間に工事を行うのも一つの手段です。

「家の壁を塗りなおしたいけれど出費は控えたい」という方もいらっしゃると思うので、選択肢の一つとして考えてみるのもいいかもしれません。

経験豊富で知識のある職人が手がければ、シーズンに関わらず綺麗に仕上げてくれます。

冬の外壁塗装は空気が乾燥しているので塗料が早く乾くという利点があります。

ですので雪があまり降らない地域にお住まいの場合は冬に外壁工事を行うことも可能です。

どのシーズンにもメリットとデメリットはあるので、費用やお住まいの地域の特徴について考慮したのち、工事の時期を選択するようにしましょう。

業者と話し合いをして工事の時期を決めましょう

一体いつ外壁塗装を行えばいいのか、そんなことを考えているうちにどんどん家の壁は劣化していきます。

塗装が剥がれていたり外壁に割れ目があるまま放っておくと断熱性が悪くなったり、ひどくなると外壁が腐って剥がれ落ちる可能性もあります。

そうなれば危険を伴うので、なるべく早く工事を検討しましょう。その際、業者としっかり話し合いをすることをおすすめします。

職人であれば経験と知識を元に工事をするべき時期を判断することが可能です。

塗装工事は一日で終わることはなく、外壁の状況を確かめ下塗り、中塗り、上塗りなどの工程を含むと10日~14日はかかると考えましょう。

その間、家はビニールで覆われ、工事用の足場が組み立てられた状況が続きます。

自分のスケジュールを考慮し、予定した期間の中で塗装工事が完了するかなど、前もって確かめておきましょう。

優良業者が語る外壁塗装のベストシーズン

外壁塗装を行うにあたり、最も適した季節は4月~5月か9月~10月の春・秋です。

しっかりと塗料を乾燥させなければ仕上がりに支障が出るため、天候が安定し湿度が低いシーズンに工事を行うことをおすすめします。

塗装が不可能な天候・気象条件とは?

塗料が施工不可能な気象条件以外であればいつでも施工可能であるとメーカーが発表しています。

メーカーによると施工が不可能なのは雪が多く降る地域や、気温が氷点下になる地域。

また、雨天は湿度が上昇するため塗装は不可能となります。それ以外でしたら一年中施工が可能となります。

ただ、どれほど経験豊かな職人であっても冬の寒い時期や梅雨の時期の施工は難しくなります。

塗料を乾燥させるようしっかりと施工管理ができる業者でなければ施工不良となり仕上がりに影響がでます。

また、適した季節であっても「業者が忙しくなりすぎる」というデメリットがあります。その他、各シーズンで生じるメリットとデメリットをまとめました。

塗装を行うにあたりそれぞれのシーズンに生じるメリットとデメリット

・春
湿気が少ないのでしっかりと施工ができる。
ただ、優良業者の場合、予約が取りにくく3ヶ月前から埋まってしまい、希望の時期に施工が不可能な場合もある。希望の業者が決定していたら2ヶ月前から予約をする必要がある。
・梅雨
雨が多い季節だけに依頼が少なく、優良業者でも割引をしてくれる可能性がある。
ただ、雨天が続いた場合、工期が延長になる。
しっかりと塗料を乾かす必要があるため施工管理を徹底している業者を選ばないと施工不良となり問題が生じる場合があるため要注意。
・夏
湿気が少ないのでしっかりと施工ができる。
施工中は窓を開けることができず、冷房を使えない工程もあるため厳しい暑さとなる。
ただ、施工中窓を開ける開けないは業者によって異なるため最初に確認をしましょう。
・秋
湿気が少ないのでしっかりと施工ができる。
ただ、優良業者の場合、予約が取りにくく3ヶ月前から埋まってしまい、希望の時期に施工が不可能な場合もある。希望の業者が決定していたら2ヶ月前から予約をする必要がある。
・冬
雪が多く降る地域でない限り施工可能だが、特にメリットはない。
気温が5℃以下に低下したり夜露によって1日の施工時間が限られてしまい作業期間が延長となる。シーリング(コーキング)や屋根はきちんと施工しないと施工不良となり問題が生じるので注意が必要。雪が多く降る地域は11月後半~3月上旬まで施工不可能になる場合もある。
それは地域によって異なるので最初の段階で業者に確認をしましょう。

まとめ

外壁塗装は雪が多く降る地域を除き、施工管理を徹底している業者ならいつでも可能。あえてベストシーズンを上げるとするならば、天気が安定している4月~5月、9月~10月の春・秋です。

ただ、春・秋は塗装業者も忙しい時期であり依頼が増えることから割引してもらえることは少なく、梅雨の時期にくらべて料金が高くなる可能性があります。外壁塗装を考えている方は時期で選ぶのではなく、施工管理を徹底している業者を選ぶようにしましょう。

外壁塗装を行うタイミング・ベストシーズンはいつ?

外壁塗装を行うタイミングは家の築年数が10年以上経過しているかどうか。
もしも10年以上経過しているならば、すでに家のいたるところが劣化している可能性があるので、メンテナンスをする必要があります。
外壁塗装を行う場合は雨が少なく、気候が安定している10月~11月の秋ごろがおすすめ。
外壁塗装の仕上がりについては気候や季節が大きく関わってくるため、時期はしっかりと見極めましょう。

それでは、なぜ築年数10年以上経過した家が外壁塗装を行う目安となるのか、なぜ季節は秋がおすすめなのかをお伝えしてまいりたいと思います。

外壁塗装が必要となる時期について

築年数10年以上経過している場合、なぜ外壁塗装を行うべきなのか。それは、築年数10年以上経過している住宅は劣化が始まり、なんらかの不具合が生じていると考えられるからです。
電化製品でも、数年使い続けると動かなくなったり壊れてしまうことがあり、買い替えを考えますよね?家はそう簡単に買い替えることなどできませんが、長く住み続けるためにはメンテナンスが必要となります。

不具合が生じる主な原因として上げられるのが、長年紫外線を浴び続けたことや、ホコリ、雨風にさらされ続けたことなどによるダメージ。
まずは家がどれほど劣化しているか、そして劣化の段階などを見極めることで、外壁塗装を行うべき時期を見極めましょう。
それでは、劣化の症状や段階についてを詳しくご説明いたします。

劣化の状態やその段階によって外壁塗装を行うべき時期を確認する

・新築~築年数8年前後=外壁につやがあり塗装効果も保った状態でメンテナンスの必要はなし。
・築年数5年~10年経過=塗装部分に雨水や汚れが溜まることでカビ・藻・コケが繁殖します。そのまま放っておくと劣化が進行するので可能であれば、ご自身で外壁を掃除するか業者に依頼するなど、メンテナンスをすることが必要です。
・築年数8年~10年経過=外壁が変色し、つやもなくなり塗装機能が失われた状態。放っておくと、塗料の耐久度が低くなり雨水を防げない、紫外線をブロックできないなどの状況に陥り、壁にヒビが入るなどの不具合が生じる可能性もあります。
※耐用年数の短い塗料が使用されていた場合、早い段階で劣化が始まります。
・築年数8年~13年経過=外壁塗装の効果が薄れ、雨水や紫外線など影響を直接受けやすくなり、壁にヒビが入るなどの劣化が進行します。ヒビの程度はヘアークラックと呼ばれる髪の毛ほどの薄いヒビから、構造クラックという大きいものまで様々ありますが、どれもそのうち建物に大きな影響を及ぼし、雨漏りの原因にもなるのでなるべく早い段階でメンテナンスすることをおすすめします。
・築年数10年以上=外壁塗装がめくれあがる、膨れ上がる、剥がれてしまうなどの状況に陥っている場合は、すでに外壁塗装の効果はなくなっており、直で建物にダメージを受けている状態となるのでなるべく早い段階でメンテナンスすることをおすすめします。そのまま放っておいて建物に大きな損傷が生じた場合、通常のメンテナンスを行うよりも料金がかさんでしまうこともあり得るので、そうなってしまう前にまず外壁塗装業者に劣化の状況を確認してもらいましょう。

このように、築年数から考えられる劣化の状況を知ることで、外壁塗装を行うべき時期がわかると思います。
そして、気をつけるべきなのは悪徳業者です。
あたかも住宅に重大な損傷があるかのように伝え、すぐに契約をさせるよう誘導する手口で多くの人が被害を受けているので十分注意しましょう。
まずは建物の状況を自ら見極め、失敗のない業者選びをするよう心がけが必要です。

外壁の箇所によって異なる塗り替え時期

外壁の場所や使用している素材によって塗り替える時期は異なります。同じ住宅でも南側と北側とでは劣化の状況が異なり、紫外線を浴び続けている場所は傷みやすくなります。また、湿気が溜まりやすい場所や風通しの良い場所など、環境の違いによっても劣化の速度は異なります。そういったことも考慮した上で塗り替えの時期を見極めましょう。

簡単セルフチェック!塗り替え時期を確認しよう

築年数8年ほど経過している場合は塗り替えの時期を確認するためにも、月に1回くらいは建物の外壁をチェックするようにしましょう。小さな変化を見逃さないようにすることが、塗装費用を最小限に抑えることにもつながります。

以下に劣化のサインをまとめましたので、1つでもあてはまることがあれば放っておかず、なるべく早く対処しましょう。

ヒビ割れた状態=モルタル壁に多く見受けられ、小さなヒビ割れであってもそこから雨水や湿気が入り込み、外壁だけにとどまらず住宅の中までダメージを与えてしまいます。ヒビ割れがさらに広がっていくと強度が低くなり雨漏りの原因にもなりかねないので、なるべく早い段階でメンテナンスするようにしましょう。
塗装が剥がれた状態=塗膜が劣化していくことで付着力がなくなり、めくれたり剥がれたりし始めます。塗装が剥がれてしまうと紫外線や雨風のダメージを直接受けるため、更に劣化していくという悪循環に陥ります。このような状況は業者が適切な塗料を使っていなかった時にも生じます。
汚れが付着した状態=築年数10年以上の住宅は外壁の汚れが目立ち始めます。
色のあせた場所がある=劣化が始まっていますが住宅に影響はありません。つやがなくなったり色あせたりなど、外見が汚れているように見えて気になる場合は、メンテナンスの計画を立てましょう。
塗装が膨らんでいる箇所がある=塗装をした時、外壁に水分が付着していたり湿度が高い時期に施工をした場合に生じます。また、素地のサビが膨らんだことで塗装が膨らむことも。
藻・カビ・コケなどが発生している状況=塗膜が傷み始めると表面がザラつき、その箇所に藻やコケが溜まりやすくなります。そのまま放っておくとカビとなり、どんどん広がってしまいます。そうなると下地のサビや腐食の原因にもなるので、なるべく早く対処しましょう。
サビがある状態=鉄の部分に多く見られがちですが、壁に発生することも稀にあります。
腐食している状態=サビや外壁のめくれや剥がれをそのまま放っておくと腐食が始まります。そうなる前になるべく早い段階で対処しましょう。
触れると白い粉がつく=白い粉の正体は「チョーキング」。塗料が劣化したことで防水効果が薄れた状態です。そのままにしておくと、塗膜が外壁を守りきることができず、さらに劣化してしまいます。そうなる前にできるだけ早い段階で外壁を塗り替えましょう。
鉄部・木部の塗膜が剥がれた状態=鉄部や木部の劣化は外壁よりも早い段階で生じます。塗膜が剥がれて下地が露出していると空気や雨水が直に下地へ接触し、さらに傷んでしまうので、なるべく早い段階で塗り替える必要があります。
コンクリートに爆裂がある状態=外壁が剥がれ落ちて中にある鉄筋が見えている状態。コンクリートに雨水が入り込むことで酸化が始まり、外壁の内側にある鉄筋がサビてしまい、膨張することでコンクリートが崩れ落ちてしまうという状況です。

いかがでしたでしょうか?ご紹介した劣化症状の中で当てはまるものがあれば外壁塗装を行うべき時期ということになります。そのまま放っておかず優良の専門業者にチェックをしてもらいましょう。
それでは次に、外壁塗装のベストシーズンについてお伝えしていきます。

外壁塗装を行う際のベストシーズンはいつ?

外壁塗装を行う季節は塗り替えを依頼する人、塗装を行う業者にとってはとても重要です。
梅雨のシーズンである6月~7月は塗装を控えたほうがいいでしょう。では、どうして梅雨のシーズンは塗装を控えたほうがいいのか、その理由についてお伝えしていきます。

どうして梅雨のシーズンは塗装を控えた方がいいの?

外壁塗装を行うにあたり必要となるのが塗料ですが、乾燥する前に雨水が触れてしまうと塗料が流れ、塗装の意味がなくなってしまいます。外壁塗装は塗料を塗った後、しっかりと乾かすための時間が必要。そうすることで塗膜(塗料が乾燥してできた薄い膜)が作られ、雨水や紫外線から家を守っているのです。
しかし、乾ききっていない塗料は水に弱く、雨水が触れることで以下のことが起こる可能性があります。

・水が付着したことでさらに乾かす時間が必要となる。
・乾いていなかった場所が雨水と一緒に流れてしまう。
・しっかりと乾ききっていない状態で業者が仕上げ塗りを行ってしまう。

このようなことが生じた場合、塗装期間が増加し、依頼者や業者の負担となってしまいます。
ですので、梅雨のシーズンは避け、天候が安定している時期に塗装を依頼しましょう。

梅雨のシーズンでも塗装をすることは可能

塗装をするなら梅雨のシーズンは避けた方が無難ですが、塗装が不可能というわけではありません。もちろん雨が多い時期ではありますが、夏前ということもあり気温が高く塗料が乾きやすいため、天気さえ注意すれば梅雨のシーズンであっても塗装はできます。
天気予報をチェックしていたとしても予測をするのは難しいと思いますが、雨さえ避ければ不可能ではなくなります。地域の特徴を知った上で天気の予測もできる、経験豊かな職人がいる業者に依頼するのがおすすめです。

一方悪徳業者は雨でも作業を続行

雨が降ると作業日程が増えるため、業者は他のお客をさばけなくなり売上げが減少してしまうというリスクを負います。数をこなして利益を得ている業者にしてみれば、雨は大きな問題となります。そのため、塗装中に雨が降り不具合が生じたとしても見て見ぬふりをして作業を続行する悪徳業者もあります。そのような業者を選んでしまった場合は、すぐにヒビ割れたり、剥がれてしまうなどの外壁にされてしまうことも考えられます。しっかりとした手順で作業を進め、一人一人のお客を大切にする地域密着の塗装業者を選ぶことこそが、失敗を防ぐガギなのです。

外壁塗装を行う最適のシーズンは?

外壁塗装は、春夏秋冬どのシーズンに行うのが最良なのでしょうか。
それぞれシーズンごとの特徴をお伝えいたします。

・春(3月4月5月)=雨が降ることは少なく気温も高い時期なので塗料が乾燥しやすいというのが特徴。梅雨を避け、駆け込みで4月5月に塗装を依頼する人が多いため、なるべく早い段階で業者を探し、予約をしましょう。
・梅雨(6月7月)=雨が降ることが多く塗装を依頼する人が少なくなる時期です。ただ、気温が高く塗料を乾燥させやすいので塗装をすることは可能。梅雨の時期に塗装を依頼したい場合は、地域の気象状況を知り尽くし信頼性の高い塗装業者に依頼をしましょう。
・夏(8月9月)=梅雨が過ぎ塗装に適している季節です。ただ、塗装をする際に組み立てた足場が高温になるため業者にとっては作業がとても辛い時期でもあります。どんな状況下であってもしっかりと作業を進める信頼性の高い業者に依頼しましょう。
・秋(10月11月)=雨が降ることは少なく、暑さも過ぎ去り業者にとっては作業しやすい時期です。この時期は依頼が殺到するため、早めに予約を取ることをおすすめします。その際、一括見積サイトなどを利用すると便利です。
・冬(12月1月2月)=年末になると駆け込みで依頼する人も多く、業者にとっては忙しい時期となります。12月~2月は寒いので、塗料を乾かすための温度を保つことが不可能なため、地域の特徴をしっかりと把握し、経験豊かな職人がいる業者を選ぶようにしましょう。

おわかりいただけると思いますが、塗装をするのはいつでも可能です。季節によっては難しい状況も生じますが、作業の依頼はいつでもできるということを覚えておきましょう。塗装に不向きな季節に依頼をする場合は、地域の気象情報を知り尽くし、しっかりと作業を進める業者を選ぶことが失敗を避ける最善策と言えます。

湿度と気温も大きく関係しているのが外壁塗装

塗装が不可能となる湿度と気温
湿度=85%以上
気温=5℃以下

実は外壁塗装の天敵となるのは雨だけではなく、湿度と気温も一定の条件を満たさない限り塗装は不可能なのです。外壁塗装をお考えの方は天気だけではなく、湿度と気温も大きく関係しているということを頭に入れておきましょう。

外壁塗装には意外なメリットが!

外壁の汚れが目立ち始めたことで塗装を考える方も少なくはないと思いますが、実は塗装をすることで得られるメリットもあります。そのメリットについて詳しくご紹介いたします。

外壁塗装を行うことで得られるメリットとは?

・外壁を補強し劣化を食い止める=月日が流れるにつれ外壁には負担がかかり、知らぬ間に劣化は進行しています。外壁を塗り替えることで壁の強度が上がり、紫外線をブロックすることも可能になります。かなり傷んでしまってから塗り替えるのでは遅いので注意が必要です。
・雨漏りや水の浸入を防ぐ=外壁が劣化していると雨漏りになる可能性があるので、その前にしっかりとメンテナンスを行いましょう。
・家を長持ちさせる=築年数10年を目安に外壁塗装を行うことで3倍も家が長持ちすると言われています。
・トータルの補修費用を抑えることが可能=手がつけられない状態まで劣化が進んでから塗り替えや補修をすると費用はかなり高額になります。そうなる前に塗り替えを定期的にすることでトータルの費用を抑えることが可能です。

お伝えした通り、外壁塗装を行うことで家を長持ちさせる、雨漏りを防ぐ、メンテナンス費用を抑えるなど、多くのメリットがあるのです。このようなメリットを踏まえ外壁塗装の大切さを感じていただければありがたいです。

時期や季節に適した塗装を行う業者を探す

外壁塗装を失敗しないためには、時期や季節に適した作業ができる業者を選ぶことです。例えば以下の場合、どちらの業者を選ぶべきか考えてみましょう。
・季節の知識は豊富でもあなたが住む地域の情報を知らない業者
・季節の知識は少ないがあなたが住む地域の情報を知り尽くしている業者
正解は、あなたが住む地域の情報を知り尽くしている業者を選ぶことです。もちろん、季節の情報は大切ですが、あなたが住む地域の特徴を知らないと、塗装後に不具合が生じる可能性があります。ですので、依頼をする前に地域の情報を知り尽くした業者を選ぶことが最も重要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です