【引越しのご近所挨拶】引っ越し時のご近所挨拶の服装と粗品プレゼントの選び方

【引越しのご近所挨拶】引っ越し時のご近所挨拶の服装と粗品プレゼントの選び方

引越しが終わると新しい生活が始まりますが、そこで気になるのはご近所付き合い。

ご近所さんとうまくやっていくにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、引越してすぐに挨拶をしておくことです!
でも、

  • 挨拶に何を持っていくのか
  • どこまでするべきなのか
  • 留守番だったらどうするのか

悩んでしまいますよね。

そこで、成功する引越しの挨拶のノウハウや注意点を教えていきます。

引越しの挨拶はしないといけないの?最低限の挨拶はした方がいい

そもそも挨拶をするのかどうかという疑問がありますが、

たとえ、一軒家でも集合住宅でも賃貸でも分譲でも、関係なく最低限の挨拶はするべきです。

必要最低限の挨拶をご近所さんにしておけば、もし何か自分の身に何かあったり、一緒に住んでいる家族に何かがあった時に助けてくれたりもします。

それに、はじめに挨拶をしていないがために、外で顔を合わせても挨拶もしないような人間関係はいかがなものでしょうか。

めんどうではありますが、最初で印象が決まりますので挨拶はしとくにこしたことはありません。

近所でもどのあたりまで挨拶したらいいの?

引越し先の挨拶をどこまで挨拶したら良いのかまとめてみました。

賃貸集合住宅の場合の挨拶

両隣と自分の真下の部屋。ということは端の部屋に住んでいれば隣の1件と真下の部屋の計2件になります。

さらに1階の角部屋であれば、挨拶は隣の1件だけでよいということになります。

一軒家の場合の挨拶

両隣だけではなく道を挟んだ向かい側など、幅広く挨拶しましょう。

マンションよりも一軒家に住み続ける人の方が長く住むというデータもありますから、円満に付き合いをしておくべきです、

自ら購入した物件となれば、一生そこに住み続けるということにもなりますので挨拶は念入りにきちっとを行いましょう。

分譲マンションの場合の挨拶

この場合も賃貸の集合住宅の時と同じで、両隣と2階以上に住んでいるのであれば真下の部屋だけでよいです。

ただ、賃貸物件ではなく自らお金を出して購入しているわけですから、簡単に引っ越すということはできません。

なので、廊下で会った時とか軽い会釈くらいはしておいた方が良いでしょう。

わざわざ訪問して挨拶することはないですが、廊下で会った時ぐらいはきちんと対応する方が長い目で見た時にその方がメリットがあります。

挨拶の時に何か粗品を持っていくべき?持っていかない?

引越し先で挨拶をする時に悩むのがこれですね。

何を持って行ったらいいのか、そもそも何も持って行かずただ挨拶だけという考え方もありますが、それは日本的な考えにはあまり合いませんよね。

日本人の多くの人はやはり今でも挨拶する時には何か粗品のようなものを持っていくと言う人がまだまだ多いですから、やはり何か持っていくべきでしょう。

品名 どんな物
タオル 昔からの定番
ラップ キッチンで必ず使う必需品
食器洗剤 同じくキッチンの必需品
洗濯洗剤 洗濯の必需品
柔軟剤 最近の流行りの香り
入浴剤 最近の流行りの香り
お菓子 常温で保存可能な日持ちするもの

これはすべて高額のものはいけません。あくまでも低予算で購入できるものにしてくださいね。

自分の支出が大変になるということと、相手に気を使わせないというメリットがあります。

訪問する際の時間と服装には注意しよう

実際に挨拶に行くときは時間と服装に注意しましょう。

注意するポイント

  • 朝の忙しい時間は避ける
  • 夕方は避ける
  • パジャマはダメ

朝の7時などあまり早い時間に行くのは良くありません。

それに朝は、会社に行く準備をしていたり学校に行く準備をしていたりと、とても忙しい時間ですから避けましょう。

夕方も難しいです。特に6時前後は料理をしているかもしれませんし、会社から帰ってきたばっかりで疲れている可能性もあります。

比較的問題ないのは平日でしたら夜7時前後、土日でしたら午前中の11時前後や夜の7時前後が良いと思います。

そして服装ですが、パジャマのようなあまりにもラフな格好はよくありません。

スーツのような堅苦しい服装も良くないですが、近所に買い物に行くぐらいの普段着であれば問題ないですよ。

留守のお宅に対応?お手紙大作戦を実施!

挨拶をしたいのに訪問してもいつも留守でいないというお宅も少なくないのでは。

そんな時にはお手紙をポストに投函という方法も一つの選択肢かもしれません。

きちんとしたハガキのようなものではなく、メッセージカードのようなもので十分です。

メッセージカードに手書きでもいいですし、パソコンでプリントアウトしてもいいです。

手紙に書くこと

  • どこに引越してきた者なのか
  • 名前(苗字だけ)
  • 何度か訪問したこと

名前はフルネームじゃなくていいと思いますよ、個人情報など昨今では色々うるさいですから苗字だけで十分だと思います。

何度か訪問したことを何気なく書いてあげれば、どうして手紙が入っていたのかが分かると思います。

このように記入したら、挨拶できなかった人のポストへ入れて完了です。

挨拶はしないという選択肢もある

不動産業界のとあるアンケートでは引越し先で挨拶をしないという人は50%以上いるというデータも出ています。

挨拶をしないのは特に都心に多い傾向にあるようです、時代の流れとともに挨拶をしない人が増えていくというのはある意味仕方のないことなのかもしれません。

最近では個人情報の保護や防犯など色々な観点から見て、中には挨拶をしないという選択肢も考えておいた方が良いでしょう。

特に一人暮らしの女性は注意が必要です。「一人暮らしの若い女性が引越し先で挨拶をしたために、何かトラブルに巻き込まれてしまった」なんてことも考えられます。

ただ、これは人間対人間の気持ちの問題というのもありますから、引越し先でケースバイケースな対応を取っておいてくださいね。

挨拶というのは基本的には多かれ少なかれ大切なものです。その地域の考え方や慣習などもありますから、臨機応変に対応するようにしましょう。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です