【引越しの布団袋】引越しで布団袋がないときの代用品は!?布団をキレイに梱包する方法

引越しの時に布団袋がなくて困った!代用品と梱包の方法

引越しの際に布団をどうやって運べばよいのか迷っていませんか?

引越し会社へ引越しを依頼すると、引越しの当日に作業スタッフが「布団袋」を持ってきてくれます。

しかし、自分で引越しをされる方は、布団をどうやって梱包して運べばよいのか迷ってしまいますよね。

布団袋はホームセンターなどで購入できますが、きちんと梱包しないと、引越しで運搬するときに大変です。

そこでイエプロでは、引越しの際に布団袋がなくて困ったときのために代用品や梱包の方法をご紹介しましょう。

引越し業者に頼む人は布団袋をお願いしよう

引越し業者に頼む方は、引越し当日に作業員が布団袋を持ってきてくれるので、自分で用意しなくても大丈夫です。

作業員が布団袋に布団を入れてくれますが、人に触られたくない方は、自分で入れても問題ありません。

布団袋は何枚くらい必要なのか、引越し料金に含まれているのか、別に料金がかかるのかは業者によって違いますので、見積もりの時に確認しておきましょう。

大抵の場合は、1〜2枚程度なら無料でもらえますが、それ以上の枚数の場合は別途料金になることもあるので事前に聞いておいたほうが良いですね。

そして引越し業者によって、繰り返し使えるタイプの布団袋や使い捨て用の布団袋の場合があるので、こだわる方は見積もり時に聞いてみると良いでしょう。

中小の引越し業者の場合は、布団袋のサービスがないところもあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

布団袋はどこで購入できるの?

自分で布団袋を用意したい場合は、どこで購入すれば良いでしょうか?

布団袋には2種類あり、布団を入れて保存するための薄手の布団袋と引越し用に運ぶための厚手の布団袋があります。

保管用の布団袋の場合は、布団を保管するだけの目的で作られているため、不織布などのあまり丈夫ではない弱い素材になっています。

保管用の布団袋は軽い薄手な上に取っ手が付いていないため運びにくく、途中に切れてしまうことがあるのです。

そのため保管用の布団袋は、引越しの運搬には向いていません。

引越し用の布団袋には取っ手が付いており運びやすく、木地も厚手なので運搬中に切れたり落ちたりする心配がないのです。

引越し用の布団袋はホームセンターや家具を販売しているニトリや生活雑貨店で購入できます。

布団は重量があるため、引越しの際に運搬するためにはしっかりした生地の引越し用の袋の方を選びましょう。

引越しの時に布団袋がない時の代用品は?

引越しの時に布団袋がない時は、何か代用するものはあるでしょうか?

もしいらないシーツがあったら、シーツを風呂敷のようにして布団を包んで代用するのも一つの方法です。

その他にホームセンターや100円均一ショップで売っている布団圧縮袋もオススメです。

布団圧縮袋に布団を梱包したら、掃除機で中の空気を吸い込んで、コンパクトにまとめることができるので運ぶのがラクになりますよ。

かさばる布団をコンパクトに薄く梱包できるので運搬もスムーズになります。

自分で引越しされる方は、荷物を乗せるスペースを確保できるのでオススメ。

気をつけたいのは、羽毛布団は圧縮すると中のフェザーが潰れたり折れて、圧縮袋から出したときのふんわり感が損なわれてしまいます。

そのため、引越しの布団の運搬にはダンボールは使わないほうが良いでしょう。

また、布団圧縮袋を使ってコンパクトにしても重さは同じですから、一つに詰め込みすぎると、袋が重さで破損する原因になるので注意してください。

布団を梱包する方法は?

ここからは、引越しの際に布団を正しく梱包する方法をみていきましょう。

布団袋に適当に詰めてしまうと、運びにくくなり、中で布団が崩れやすくなるので注意が必要です。

布団はかなり重量があるので、布団袋の中で布団が動いてしまうとバランスが悪くなり、運搬が難しくなるため注意が必要です。

布団の詰め方は、大きな布団の上に薄手の毛布等をずらしながら重ねて、布団袋の高さが均等になるように入れていきましょう。

次に、布団が中でズレないように、複数の方向から固定することができる紐を結んでください。

布団はきちんと畳んで正しく布団袋に入れることができれば、布団袋の中で布団が崩れることなく運びやすくなりますよ。

布団はダンボールでなく布団袋または布団圧縮袋にいれよう

布団袋がない場合、ダンボールに入れて代用すればよいかなと考える方もいるかもしれません。

しかし、敷き布団や厚手の掛け布団が入るほど大きなサイズのダンボールはありませんので無理があります。

薄手の掛け布団ならばダンボールに入れることはできますが、羽毛布団の場合は形崩れするので、開けたときにふんわりした感じがなくなってしまいます。

布団をすべてダンボールに詰めこむことはサイズ的にも難しく、布団が型崩れする原因となるで、面倒でも布団袋に入れるようにしてください。

ご家族の引越しなどで布団の量が多い場合は、100円ショップで購入できる布団圧縮袋に入れると良いでしょう。

圧縮袋に入れて空気を抜くと布団が薄くなるので、持ち運びが楽になるのでオススメ。

布団袋には、サイズが小さめのものから大きめまであるので、自分の持っている布団に合わせて選ぶと良いですね。

ただし、布団圧縮袋は取っ手が付いていないものが多いので、運搬する際には紐をつけて運びやすくすると良いでしょう。

古い布団を捨てる方法

引越しの準備をしている際に、布団を処分しようと検討している方は、どのように捨てれば良いのでしょうか?

布団は多くの場合、綿、羽毛、羊毛、化繊といった燃える素材で出来ていますが、大きすぎるため、そのままでは「燃えるごみ」として出せないことが多いです。

ほとんどの自治体では、布団はサイズが大きいために「粗大ゴミ」として扱われて回収しています。

そのため、布団を処分するには、各自治体のルールに従い、事前に予約してから、粗大ゴミとして出すようにしてください。

自治体の粗大ゴミ収集センターの公式サイトから、メールまたは電話で粗大ゴミを回収の予約をしましょう。

最近は、コンビニなどの取り扱い店で購入できる粗大ゴミチケットを購入してから、布団に貼り付けて、指定の収集場へ運ばれる形になっています。

粗大ゴミ回収チケットを購入するよりも安く済ませる方法は、自家用で収集センターへ直接持ち込むことです。

持ち込みに使える大きな自家用車をお持ちの方は検討してみると良いでしょう。

また、布団はそのまま処分すると粗大ゴミ扱いになりますが、自分で細かく切って指定ごみ袋に入れると、通常の燃えるごみとして出すことが可能です。

ただし、布団にハサミを入れて細かく切ることは大変な作業ですし、羽毛布団の場合は、羽根が部屋中に飛び散り、後で掃除が大変なのでオススメできません。

そのため、不要な布団は多少費用がかかったとしても粗大ゴミに出して処分した方が効率が良いですね。

引越しの布団は郵送もできる?

自分で引越しをされる方は、引越しの布団郵送すればどう?と思っている方もいるかもいれません。

実際に、日本郵便やクロネコヤマトの宅急便を利用すれば布団を郵送することができますので、ここからはそのやり方をご紹介しましょう。

日本郵便の公式サイトによると、布団を郵送するには、自分で布団袋または布団圧縮袋に入れてから、日本郵便の布団専用の袋にいれて郵送する形になります。

布団圧縮袋に入れると薄くなりサイズダウンできるので、100円ショップなどで購入すると良いでしょう。

郵送にかかる料金は、日本郵便の公式サイトを見ると距離と重量から確認できます。

例えば、東京から大阪へ一番大きなサイズの布団を送る場合の配送料は約2,300です。

クロネコヤマトの宅急便の場合は、東京から大阪まで布団袋を送った場合は、運賃は約9,000円と日本郵便よりも高めです。

しかし、クロネコヤマトはサイズは三辺合計で250センチまで、輸送便に重量制限なしで送ることができるのがメリット。

クロネコヤマトの宅急便は、羽毛布団などの圧縮できない布団を送りたい方、ひとり分の敷布団・掛け布団・毛布をまとめて送りたい方にオススメです。

なるべく安く送るコツは、布団圧縮袋を使ってサイズを小さくして、たくさん詰め込めば運賃が安くなりますよ。

大きめの布団圧縮袋を購入してコンパクトにしてからダンボールに詰め込みましょう。

引越しと布団袋のまとめ

布団は専用の「布団袋」に入れると、持ち運びが簡単になり、引越しがスムーズになります。

引越し業者を利用する方は、必要な枚数を予め確認してから、事前にリクエストしておきましょう。

大抵の場合は、引越し料金に布団袋が含まれていますが、別料金になる場合もあるので見積もりの際に確認しておくと安心ですね。

自分で引越しする方は、布団袋または布団圧縮袋をホームセンター等で購入しましょう。

布団を詰める際には、きれいに畳んで入れ方も工夫すると布団が袋の中で崩れにくく、運びがスムーズになりますよ。

そして、引越しを機会に布団を捨てるときは自治体の指示に従って粗大ゴミへ出すようにしてください。

布団だけを送りたいときは、布団のサイズによってゆうパックかクロネコヤマトを使い分けると良いですね。

引越し当日に慌ててしまわないように、布団袋をどうやって運ぶか事前に決めておきましょう。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です