【引越しの印鑑登録】引っ越し後の印鑑登録の住所変更は必要!?必要書類と手続き期限

【引越しの印鑑登録】引っ越し後の印鑑登録の住所変更は必要!?必要書類と手続き期限

引越しすると役所で多くの手続きが必要となるので時間も手間もかかります。

しかし、前もって手続きの流れや必要なものを押さえていれば、役所と自宅を何度も行き来する必要はなく、サクサク効率的に手続きできますよ。

印鑑登録の住所変更の手続きも早めに行っておくと、後々楽になります。

同一市内の近い引越しの場合は、とても簡単に変更手続きができますし、他の市町村への遠い引越しの場合も、手順を抑えて進めれば大丈夫。

そこでイエプロでは、引越しの際に必要な印鑑登録の変更手続きの手順や必要なものをみていきましょう。

引越しの後の印鑑登録の変更手続き

普段生活をしていて、あまり「印鑑登録」や「印鑑証明書」などの名前を聞くことはないかもしれません。

しかし、印鑑登録は、不動産取引や自動車登録をする際に必要となるものです。

自分が住んでいる自治体の役所に印鑑を登録することを「印鑑登録」といい、登録された印鑑を「実印」と呼んでいます。

日本では、書面での契約締結には印鑑登録されている印鑑が必要になるため、とても大切な役割があります。

印鑑登録されると、役所に必要なときに役所にいけば、印鑑登録証が発行されようになります。

引越しが決まったら、住所が変わるため、印鑑登録も変更する必要があります

ただし、同一市内の近い引越しの場合は、管轄の役所が変わらないため、特に手続きは必要ありません。

同一市内の引越しの場合は、転居届を提出して住民票が変わると、印鑑登録の住所も自動的に変わるため、新たな手続きは不要です。

他の市町村へ引越しをする場合は、管轄の役所がかわりますので、新住所での役所で新しく印鑑の登録が必要になります。

住民票の手続きと一緒に印鑑登録の変更手続きも済ませておくと良いでしょう。

引越し後の印鑑登録の変更手続きに必要なもの

他の市町村へ引越しをする方は、新住所の役所にて転入届を提出して、住民票が移行できたら、印鑑の登録の手続きを行います。

その際に必要なものは、実印となる印鑑と本人確認のための写真付き身分証明書(運転免許証またはパスポート)です。

できれば本人が印鑑登録をすれば良いのですが、諸事情により代理人にお願いする場合は、委任状と代理人の身分証明書と印鑑が必要になります。

通常は、旧住所の役所にて転出届を提出すると、印鑑登録も自動的に抹消されますが、別に抹消手続きをしなければいけない場合もあります。

その点は自治体によって変わりますので、役所ほホームページで確認するか電話で問い合わせるようにして下さい。

引越し時の印鑑登録の登録抹消手続き

新住所へ引っ越すことが決まったら、旧住所の印鑑登録を取り消すための登録抹消手続きをします。

多くの役所では、転出届を提出すると、自動的に印鑑登録も抹消されるシステムになっています。

しかし、役所によっては、自分で印鑑登録の取り消しをしなければならない場合もあるので、事前にホームページや電話で問い合わせてみてください。

旧住所の役所で印鑑登録の抹消手続きをしたら、当然ながら印鑑登録証(カード)も失効しますので窓口へ返却しましょう。

引越し時に転出届を提出すると転出証明書が渡されるので、記載の転出予定日の前日までは、印鑑証明書の発行をしてもらえます。

転出予定日を過ぎてしまうと、印鑑登録証(カード)は無効になるため速やかに処分するようにして下さい。

引越し後の印鑑登録証(カード)や印鑑証明書を手元に残しておいても使いみちはありませんので、防犯上のためにも早めに処分して下さい。

引越し時の印鑑登録の再登録

他の市町村への遠い引越しの場合は、管轄の役所が変わるため、印鑑登録も再登録する必要があります。

本人が申請する場合は、実印に登録する印鑑、印鑑登録申請書、写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポートなど)が必要となります。

印鑑登録申請書は、役所の窓口に行けば置いてあるので無料で入手できます。

印鑑登録申請書は役所のホームページからダウンロードして、プリントアウトした用紙に記入しても問題ありません。

マイナンバーカードまたは発行後10年以内の有効期限内の住民基本台帳カードは、本人確認書類として使用できます。

そして、印鑑登録に適した印鑑は、実印を押したときの跡(印影)の長さが1辺8mm〜25mmの正方形に収まるものとされています。

既に他の人が登録している印鑑やシヤチハタ、ゴム印、彫刻が欠けてしまっていたり壊れている印鑑は登録することができませんので、注意しましょう。

そして、家族と同じ印鑑を印鑑登録することはできませんので、自分の印鑑を用意するようにして下さい。

印鑑登録は、本人が申請すると良いですが、都合がつかない場合は、代理人に依頼しても問題ありません。

その際は、印鑑登録をする本人の自署押印が付いた委任状、代理人の印鑑と本人確認のための写真付き身分証明書(運転免許証またはパスポート)が必要になります。

委任状は、自治体の役所のホームページからダウンロードできる場合もありますが、ネット上の雛形の委任状でも大丈夫です。

代理人を通すと必要書類が増えるので、前持って確認しておきましょう。

結婚後は印鑑登録の名前はどうする?

結婚して名字が変わったら、印鑑登録も新しい名字で登録する必要があります。

旧姓の名字で印鑑登録をして、印鑑証明書を発行してもらっても効力を持ちませんので、

意味がなくなってしまいます。

そのため、結婚前の旧姓のときに作った印鑑登録は速やかに廃止の手続きを行いましょう。

役所によっては、転出届を提出すると自動的に印鑑登録が抹消されることもありますが、

自分で取り消しをしたほうが安心です。

そして、印鑑登録をフルネームで登録されている方も、結婚を機に名字が変わったら、印鑑登録の変更手続きをしましょう。

ありふれた名字の方の場合は、名字たけよりも、フルネームで登録した方が安全性も高いと言われていますので、新しい印鑑登録をきっかけにフルネームにしてみても良いかもしれません。

印鑑登録を申請して発行されるまでの期間は?

本人が印鑑登録を申請して受理されると、印鑑登録証(カード)は即日発行されて、印鑑登録証明書もその日に受け取れます。

もし、写真付きの身分証明書(運転免許証やパスワード)がない場合、代理人が申請する場合は、照会書による登録となり、1週間程度かかることがあります。

照会書による登録とは、申請者の住まいを確認するために照会書が送られて、本人が回答欄に必要事項を記入して提出すると、印鑑登録の手続きが完了します。

写真付き身分証明書がない場合と代理人による印鑑登録は、本人が行うよりも必要書類が多く、プロセスも長くなるため、なるべく本人が窓口で行うようにしましょう。

引越し時に必要な印鑑登録の期限はある?

印鑑登録の期限は特に決められていませんので、いつでも必要なときに行うことができます。

転出届・転入届、マイナンバーカードの変更手続きは期限が決められていますので、優先的に手続きするようにしてください。

多くの役所では、住民票の住所変更の際に、

印鑑登録も一緒に住所変更するように勧められるので、役所の書類関係はまとめて持っていくことをオススメします。

そして、引越しをしてから不動産取引や自動車登録のために印鑑証明書が必要となる方は、早めに手続きを済ませておきましょう。

印鑑登録は何歳から登録できる?

印鑑登録できる人の条件は、日本に住民票がある人で、16歳以上の人ならば登録できます。

注意点としては、印鑑登録はひとり1つの実印となっていますので、家族で同じ印鑑を登録することはできません。

自分の住民票が登録されている役所の窓口へ行き、登録する印鑑と本人確認のためのの写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポート)を持って行けば、登録できます。

印鑑登録の申請書は、役所の窓口へ行けば置いてあるので、必要事項を記載して提出して下さい。

印鑑登録の申請書が受理されれば、印鑑登録証(カード)が交付されるので、大事に保管するようにして下さい。

印鑑登録の手続きは土日もできるの?

平日は仕事で帰りが遅くなるので、土日に印鑑登録したいという方も多いでしょう。

印鑑登録の手続きは、基本的に平日の8:30〜17:00までの受け付けとなっています。

最近は、どうしても平日に行けない人のために土曜日と日曜日も受け付けする「休日サービス」を設けている役所もあります。

自分の住む自治体の役所に休日サービスがあるかどうかホームページで確認すると良いですね。

休日サービスは、役所に事前に電話予約すると、夜間や休日でも引越しの住所変更手続きや印鑑登録を受け付けてもらえます。

印鑑の登録の手続きの受け付け時間は役所によって異なりますので、自分の住んでいる役所のホームページで確認しておきましょう。

引越し・印鑑登録のまとめ

今回は、引越し時の印鑑登録の手続きについてご紹介しました。

引越しが決まったら、旧住所の役所にて印鑑登録を取り消す手続きをして、新住所の役所にて印鑑登録を再登録する必要があります。

多くの役所では、旧住所の役所では転出届を提出すると、自動的に印鑑登録が取り消されますが、自分で取り消しておくと安心ですね。

実印の印鑑登録の仕方は、自治体によって変わりますので、必要なものや受け付け時間を事前に問い合わせておきましょう。

引越しの際に必要な住所変更の手続きは、

印鑑登録の他にもマイナンバーや健康保険証などたくさんあるので、まとめて済ませておくことをオススメします。

引越し時の役所の手続きは、本人確認のための身分証明書がいつも必要となりますので必ず忘れずに持参するようにして下さい。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です