【引越しの住民票】引越っし時の住民票の住所変更方法と手続き期限

【引越しの住民票】引越っし時の住民票の住所変更方法と手続き期限

引越しをして住所が変更されると、役所や携帯電話など、多くの場所で住所変更の手続きが必要になります。

すべて連動していれば楽なのですが、ひとつずつ別々に手続きが必要になるので、大変な作業になりますが忘れずに行いましょう。

引越しの住所変更で一番はじめにやっておくべきことが、役所での「住民票」を移動する手続きです。

引越しの際に住民票を移動する手続きをしないと、現住所の登録がわからないため、後々面倒なことになってしまいます。

そこでイエプロでは、「住民票」を移動する手続きのやり方と必要書類をみていきましょう。

引越し時の住民票の手続きの流れ

「住民票」を移動する手続きは、引越し前の「転出届」または「転居届」と引越し後の「転入届」の提出が必要です。

住民票に関する届け出の期限は、14日以内と決められているので、早めに済ませておくと安心ですね。

引越しがはじめての方は、役所の手続きは面倒で複雑なイメージがあるかもしません。

しかし、住民票を移動する手続きは最重要事項ですし、やり方も意外と簡単なので、早めに済ませておきましょう。

住民票を移動するだいたいの流れをわかっていると効率的に行うことができます。

まず、住民票を移すには引っ越す前の旧住所の役所へ行き、「転出届」を提出する必要があります。

転出届を提出して、記入に不備がなければ「転出証明書」が発行されます。

この「転出証明書」は引越し後の新住所の役所へ転入届と一緒に提出するため、必ず大切に保管してください。

転出届は、引越しが決まってから14日以内に提出しなければならないことが住民基本台帳法の法律で定められています。

もし、引越しの忙しさで住民票の変更の手続きを忘れてしまったり、意図的にそのままにしておくと、裁判所から数千円から5万円以下の罰金が科せられることがあるので、注意が必要です。

そして、転入届も引越し日から14日以内に提出しなければならないため、早めに済ませることをオススメします。

転入届を提出する際に、転出証明書がなければ新しい住民票が登録できませんので注意しましょう。

基本的に、どの自治体でも住民票の手続きはこの流れになります。

同じ市町村内の住民票の手続きは転居届のみ

同じ市町村内の引越しをされる場合は、役所に「転居届」を提出するだけで住民票の移動の手続きは完了します。

そのため、近い距離の引越しは住民票の移動手続きも簡単になるということです。

遠方の引越しや市町村が変わる場合は、転出届と転入届の提出が必要になりますので、

早めの書類の準備が必要です。

必要な書類は市区町村の役所によって異なりますので、詳細はホームページまたは電話で問い合わせるようにして下さい。

最近は、平日だけでなく土曜日でも転居届の手続きできる役所もあるので、都合の良い日に早めに手続きを済ませるようしましょう。

他の市区町村に引越しをする場合の住民票の手続き

遠方の引越し、他の市区町村に引越しとなる場合は、管轄の役所が今までと変わるために、住民票の移動手続きは「転出届」と「転入届」の提出が必要となります。

引っ越す前の旧住所の役所にて「転出届」をして受理されると、「転出証明書」が発行されます。

「転出届」を提出する際には、本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポート)、印鑑が必要となります。

そして、引越しの後の新住所の役所にて「転出証明書」と一緒に「転入届」を提出すると、住民票の移動が完了します。

転出届を提出して「転出証明書」をもらわないと、引越し先の役所で転入届を受け付けてもらえませんので注意してください。

住民票の移動は必ず転出届の提出を先に済ませてから、転入届を提出するようにしましょう。

この一連のプロセスにより、住民票の移動が完了するので、住民票をとるときに住所が新しくなっています。

住民票の移動手続きは、引越し日から2週間以内に済ませるように法律で決められています。

そのため、引越しが決まったら旧住所の役所にて転出の提出は早めに済ませておくようにして下さい。

同一市区町村内に引越しをする場合の住民票の手続き

同一の市区町村内の近い引越しをされる場合は、管轄の役所が変わらないため、住民票の移動手続きがシンプルになります。

引越しをしたら、14日以内に役所の窓口へいき「転居届」を提出すれば、住民票の移動は完了です。

転居届の用紙は、役所の窓口にいけば無料でもらうことができます。

転居届に必要事項を記入して、内容に不備がなければ受理されて、新しく住民票が移動されたことになります。

住民票の移動ができれば、住民票を取るとときに新しい住所へ変わります。

転居届の手続きには、転居届の他に本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポートなど)、そして印鑑が必要ですので、忘れずに持参してください。

本人確認は、写真付きの身分証明書でなければならないため、健康保険証や年金手帳の場合は2枚の提示が求められます。

写真付きの住民基本台帳カードやマイナンバーカードがあれば、同時に住所変更もできるので、一緒に持参することをオススメします。

本人が転居届の手続きを行う場合は、印鑑は必要ないとする役所もあるようですが、いずれにしても他の手続きで必要となるので持参するようにして下さい。

家族全員の引越しの住民票手続きはどうする?

家族全員で引越しをする場合は、世帯主が家族全員分の住民票を移動することができます。

家族のひとりひとりが転入届と転出届をそれぞれ提出する必要はありません。

転出届と転入届には、世帯主と家族の氏名を記入する欄がありますので、全員分を記入すれば大丈夫です。

家族全員分の住民票を移動する際には、世帯主の本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポート)と印鑑が必要になりますので忘れずに持っていきましょう。

そして、新住所の役所にて転入届を提出するときは、旧住所の役所で転出届の手続きをしたときに発行してもらった転出証明書も同時に提出して下さい。

代理人による住民票の変更手続きの仕方

引越しによる住民票の手続きは14日以内にしなければなりませんが、何らかの理由で遅れてしまいそうな場合は、代理人に頼むことができます。

代理人に転居届・転出届・転入届の手続きを頼む場合は、本人と同一世帯の人に頼むようにして下さい。

その際は、代理人の委任状(申請者の印鑑の捺印がされたもの)と代理人の本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポートなど)と印鑑が必要になります。

委任状は自分で制作することもできますが、

各市区町村のホームページからダウンロード

して、プリントアウトして必要事項を記入することができます。

代理人が転入届の提出をする際には、転出証明書が必ず必要になりますので、必ず前もって代理人に渡しておくようにしましょう。

新住所が決まっていなくても住民票移動の手続きはできる?

引越しが決まったら、旧住所の役所にて転居届を提出する必要がありますが、転出届・転居届の用紙には新住所を記入する欄があります。

新住所が既に決まっている場合は、メモをしたり契約書を持って、間違いのないように転出届・転居届に記載して下さい。

引越し自体は決まっているけれど、新住所がわからない場合は、役所のその旨を伝えてら転出届・転居届のわかる部分だけを記載するようにしましょう。

引越し時の住民票の移動手続きは14日以内

住民票の移動手続きは、住民基本台帳法により14日以内に届け出をしなければならないと決められています。

転入届は、転出届・転居届を提出した後の14日以内に、新住所の役所にて手続きを行ってください。

もし、住民票移動の手続きを忘れてしまってそのままにしていたり、意図的に無視をしていると、第二十三条と第五十二条の違反により、最大5万円の過料を課せられることがあります。

実際は、引越しから14日間を過ぎたらかと言ってすべての人が罰金の対象になるわけではありませんが、期間が長くなったり、悪質と判断されたには、裁判所から過料を課されることもあるので注意しましょう。

住民票の登録は、国民一人一人がどこに住んでいるか把握するものであり、登録しなければ行政サービスも受けられなくなるので、後々困ることになります。

そのため、住民票の移動手続きは早めに済ませてこくとが大切です。

引越し時に住民票の手続きをしないと罰金以外にどんな不都合がある?

住民票は早めの手続きをしなければ、罰金があることがわかりましたが、それ以外に何か生活に不都合なことはあるのでしょうか?

一番困るのが、引越し先の市区町村の行政サービスが受けられなくなってしまうことです。

その他にも公共施設の利用ができなかったり、無料で使えるものが有料になってしまうことがあります。

そして、運転免許証の更新も旧住所でないとできなくなるため、面倒なことになってしまいます。

他には、確定申告も旧住所の管轄の税務署でしなければならず、住民票の写し、印鑑証明、所得証明も旧住所の役所でないと発行してもらえません。

このように、住民票とは本人の住所確認そのものですから、変更したときはしっかり移動させないと様々な不都合やトラブルが起きてしまうのです。

そのため、住民票の移動は罰金以外にも不便な生活を避けるためにも早めに済ませておくことをオススメします。

引越しの時に住民票の住所変更はどうすれば良い?のまとめ

今回は、引越しにおける住民票の手続きの仕方や必要な書類などを見ていきました。

住民票の変更は、複雑で面倒なイメージがあるかもしれませんが、やること自体は非常にシンプルなので、意外と簡単なのです。

しかし、代理人に任せる場合は必要書類や記入事項に不備がないようにして、提出が遅れないように注意して下さい。

引越しにおける住民票の手続きは、とにかく早めの行動を心がけることが大切です。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です