【ナンバープレート】引越し後の車のナンバープレート変更手続き方法は!?必要な書類と変更期限

引越し後の車のナンバープレート変更手続きに必要な書類とやり方

引越しした後は、車のナンバープレートを変更する必要があります。

ナンパプレートは、車の所有者を明確に把握して、いつもはどの駐車場に停めてあるかを明らかにするために大切なものです。

道路運送車両法でも自動車はナンバープレートを付けること、そして見やすい場所に表示することが定められています。

そこでイエプロでは、引越し後に車のナンバープレートを変更する際に必要な書類や手続き方法についてご紹介しましょう。

引越し後は車のナンバープレートの変更は必要?

引越しがようやく終わって落ち着いたら、車の諸々の手続きが後回しになってしまうことはよくある話です。

車の引越しに関する手続きは、法律的に罰則は存在しますが、発覚しずらいために後回しにされてしまうことが多いのです。

しかし、引越したばかりで忙しいからとそのままにして放っておいたら、50万円以下の罰金に処される可能性もゼロではないため、早めに済ませておくようにしましょう。

引越し後は車のナンバープレートの変更は必要なのは、居住する都道府県や管轄する運輸支局が変わった方です。

管轄する運輸支局が同じ場合は、住所変更してもナンバープレートの変更は必要ありませんのでご注意ください。

車のナンバープレートは、各都道府県の陸運支局や自動車検査登録事務所などの管轄によって定められているからです。

同じ県内の引越しの場合でも、ナンバープレートの変更が必要なケースがありますので、予め確認しておきましょう。

道路運送車両法によれば、引越し後15日以内にナンバープレートの変更をしなければならないと定められています。

現在のナンバーに愛着がある方は変更したくないと後回しにしてしまう方も多いようですが、法律に従ってナンバーの変更手続きを行ってください。

ナンバープレートを変更せずにそのままにしていると、法律違反となり50万円の罰金となりますので注意しましょう。

後々、忘れてたでは済まされずに様々なトラブルに発展するので、引越しした方は忘れずに行うようにしてください。

納税用紙が旧住所に届いたり、自動車税を滞納してしまったり、車検が受けられないトラブルになってしまわないために早めに手続すを済ませましょう。

引越し後の車のナンバープレートの変更期限は?

ナンバープレートの変更申請の期限は、原則住所変更から15日以内と定められています。

車の引越しに必要な手続きである「車庫証明書の申請」「車検証の住所変更」「ナンバープレートの変更」はすべて15日以内です。

期間は意外と短いので、忘れないうちに早めに済ませておくようにしましょう。

引越し後の車のナンバープレートの変更手続きの方法

住所変更をして車のナンバーを変更する場合、どのようにすればよいのでしょうか。

一つはディーラーなど店舗に依頼する方法と
自分で手続をする方法があります。

①カーディーラーに依頼する

ナンバープレートの変更手続きをしたいけど時間がない方は、カーディーラーに依頼して変更することもできます。

カーディーラーに依頼すると、手数料がかかりますが書類を記入したりする手間が省けるのでとても便利です。

カーディーラーにナンバープレートの変更を依頼すると、必要な手数料納付書、自動車税・自動車所得税申告書の準備をしてくれます。

カーディーラーに依頼する場合は、以下の書類が必要になりますので、自分で用意しておきましょう。

▼必要な書類

・車検証
・発効から1カ月以内の車庫証明書
・発効から3カ月以内の住民票
・認印を押印した委任状

使用者と所有者が異なる場合は、所有者の委任状が必要になります。

車庫証明書は警察署で受け取ることができます。

車庫証明の申請も合わせてカーディーラーなどに依頼することができます。

住民票は新住所が記載されているもので市役所から申請できます。

カーディーラーなどに依頼する方は、これらの書類などを用意しておきましょう。

②自分で手続をする場合

車の住所変更とナンバープレートの変更は、自分で陸運局にて手続きすることもできます。

新住所の管轄のの運輸支局に行き、以下の書類一式を揃えで窓口に提出してください。

▼必要な書類(所有者と使用者が同一での変更申請の場合)

・車検証
・発効から1カ月以内の車庫証明書
・発効から3カ月以内の住民票
・認印
・申請書
・手数料納付書
・自動車税申告書

自分で手続きを行う方は、車検所から認め印までの4点を前日までに用意しましょう。

申請書、手数料納付書、自動車税申告書の3種類については、陸運局で当日入手できます。

本人が申請に来られず、代理人が申請する場合は、「使用者の押印がされている委任状」が必要となります。

陸運支局や自動車検査登録事務所は、基本的に土日祝日はお休みですので、ナンバープレートの変更手続きは平日のみ可能です。

時間帯は朝から夕方までになっていますので、仕事が終わった後や、深夜などは受け付けていませんので時間が合わない方は、担当となる陸運局に問い合わせてみましょう。

使用者と所有者が異なる場合は、以下の書類が必要です。

▼必要な書類(所有者と使用者が異なる場合)

・所有者の委任状
・車検証
・発効から1カ月以内の車庫証明書
・発効から3カ月以内の住民票
・認印
・申請書
・手数料納付書
・自動車税申告書

陸運局で引越し後の車のナンバープレートの変更手続きするときの流れ

ナンバープレートの変更は、引越しをして住民票を移してから15日以内に、管轄の陸運局で平日に行わなければいけないとわかりましたが、必要な書類は何があるでしょうか?

車の住所変更、ナンバープレートの変更手続は管轄の陸運局で行います。

自分で手続きを行う方は、必要書類などをもって準備してから出かけましょう。

ナンバープレートを変更するには、まずは車検証に記載されている「使用者の住所」を変更する必要があります。

▼陸運局での流れ

①窓口で申請書、手数料納付書、自動車税申告書を受け取り見本に従い書類に記入します。

②印紙350円(変更登録手数料)を購入して手数料納付書に貼り付けます。

③出来上がった書類を窓口に提出します。

④窓口で待機しているときに名前を呼ばれたら、新しい車検証を受け取ります。

申請した書類に不備がなければ、車検証の記載住所変更はその場で完了するので1日で終わります。

ただし、混雑時などは少々待ち時間が発生しますが、基本的にはその日のうちに完了します。

⑤今度は、税申告窓口に車検証と自動車税申告書を提出します。

新しい車検証が発行されたら、今度は陸運局内にある「税事務所」に必要書類とともに提出します。

これで今後は、自動車税などの納付書の通知は新住所に届くようになるのです。

ナンバープレートの変更は、基本的に車検証の住所変更と一緒に済ませるようにしてください。

⑤窓口で古いナンバープレートを返納します。

自動車のナンバープレートは基本的にビス止めになっていますので、陸運局にドライバーを借りて取り外します。

混み合っている場合は自分で工具を持っている方が早く作業が終わるかもしれません。

基本的には止めているネジを外すだけですが、リアプレートの左上のビスには、封印されていますので、マイナスドライバーなどでこじ開けてください。

封印を外したら、中は普通のネジ止めですので、ドライバーで外すだけです。

ナンバープレートを取り窓口へ返却したら、
納付書に返却印が押されます。

⑥自分で新しいナンバープレートを取り付ける

古いナンバーを取り外して返却したら、窓口で新しいナンバープレートを購入したら、取り付けたナンバーに封印をしてもらいます。

運輸局の人が自動車に刻印された車台番号と車検証の車台番号の照合をします。

ここまで来れば、新しいナンバープレートの変更と登録が完了します。

基本的に古いナンバープレートを取り外すまでの作業は自分で行うため、その最中にドライバーなどで車を傷つけないように気をつけましょう。

ETCの再セットアップ方法

引越しに伴い車のナンバープレートの変更を行った方は、ETCの再セットアップも必要になります。

ETCの再セットアップは、登録された
ETCセットアップ店で行うことができます。

暗号処理などが施されているため、登録されていない店舗や個人では行うことはできません。

ECセットアップ店にて再セットアップする際には、また1から新規で登録するのと同じプロセスで30分~1時間くらい、費用は3千円程度かかります。

実は、ナンバープレートが変わったあとにETCの再セットアップをしなくても普通にバーは開いて精算することはできます。

しかし、そのままにしているとECシステム違反となり、後々問題になる可能性もゼロではありませんので、ナンバープレートを変えたら早めにETCの再セットアップを済ませるようにして下さい。

自動車保険の変更手続き

車のナンバープレートを変更した方は、自動車保険の登録番号変更手続きも必要になります。

登録番号変更手続きを忘れると、事故を起こしたときに契約車両とみなされずに保険適用外となる可能性もあるので、忘れずに加入する保険会社に連絡しましょう。

引越しとナンバープレート変更のまとめ

今回は、引越しの際にナンバープレートを変更する必要があること、その方法をご紹介しました。

警察署で運転免許証の住所変更をするときに
車庫証明を申請しておけば手間が省けてオススメです。

陸運局で車検証の住所変更手続きやナンバープレートの変更をせずにそのままにしておくと、自動車税が新住所に届かずに滞納してしまうことがあります。

そうなると、車検を受けることができずに困ってしまうので、それを防ぐためにもナンバープレートを早めに変更するようにしましょう。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です