【パソコンの引越し】引越し時のパソコンの正しい梱包方法は!?故障しないための注意点

【パソコンの引越し】引越し時のパソコンの正しい梱包方法は!?故障しないための注意点

パソコンは大切なデータが入っているので、引越しの際に故障してしまわないように慎重に運搬する必要があります。

引越し業者に運搬をお任せする場合でもパソコンをちゃんと梱包しなければ、故障やデータが消えてしまう原因となるのです。

大切なパソコンは正しい梱包の仕方をしてしっかりデータを守りましょう。

今回は、引越し時にデスクトップパソコン・ノートパソコンを故障しないための梱包方法をご紹介しましょう。

引越し時のパソコンの梱包に必要なもの

まず、引越しする際にパソコンを梱包するために必要なアイテムを揃えましょう。

パソコンの梱包に必要なもの

  • ダンボール(パソコンより大きめ)
  • ガムテープ
  • 毛布またはタオル
  • 緩衝材(ぷちぷちしたもの)または新聞紙

パソコンを購入したときのオリジナルの箱を保管していたらそれを利用しましょう。

もしない場合は、パソコンよりも少し大きめのダンボールを用意してください。

ガムテープは、パソコンを緩衝材で包んだときに止めたり、ダンボールの箱の蓋を閉めるときに必要になります。

パソコンがダンボールの中で動いてしまわないように、毛布またはタオルをクッション代わりにすると故障を防ぎます。

また、パソコンを毛布やタオルで包むと運搬中にパソコンへ伝わる振動を防いだり、熱や湿気からも守ることができます。

市販のエアクッションを購入されるときは、静電気が起きない綿素材ののを選ぶと良いですね。

パソコンを購入したときに箱の中に入っている発泡スチロールも保管してる場合は、それを使うようにしてください。

パソコンを毛布やタオルで包んでからダンボールにいれると、箱の中で隙間があるために動いてしまいます。

その隙間を埋めるにはプチプチの緩衝材が便利です。

プチプチの緩衝材はホームセンターで200円くらいで購入できますので用意しておきましょう。

もしプチプチの緩衝材が用意できなかった場合は、新聞紙で代用しましょう。

引越し時の正しいデスクトップのパソコンの梱包方法は?

ここからは、デスクトップのパソコンの梱包方法をみていきましょう。

①ケーブルと付属品をパソコンから外す

まずは、デスクトップパソコンからケーブルと付属品を外して、輪ゴムまたは養生用のテープでまとめます。

ケーブル類は厚めのタオルまたは緩衝材で包んでからガムテープで止めてください。

②ダンボールの底に緩衝材または丸めた新聞紙を敷き詰める

パソコンを入れるダンボールを用意したら、
ダンボールの底に緩衝材または丸めた新聞紙を敷き詰めます。

パソコン購入した時の箱には底に発泡スチロールが入っていますが、それを保管している場合はそのまま使いましょう。

この作業は、デスクトップパソコンを運搬中にダンボールの中でパソコンが衝撃を受けないようにするためなので、しっかりクッションとなるように敷き詰めましょう。

③デスクトップパソコンをタオルまたは緩衝材で包む

デスクトップパソコンをタオルまたは緩衝材でしっかりと包みます。

ガムテープで止めたらパソコン本体をダンボールにいれます。

ケーブルや付属品を一緒に同梱する場合は、パソコン本体から少し離して入れるとぶつかりません。

ダンボールの中に空きスペースがないように
隙間を緩衝材や丸めた新聞紙、タオルなどで埋めていきましょう。

④ダンボールの蓋を閉めてガムテープで止める

最後にダンボールの蓋を閉めてしっかりガムテープで止めれば梱包が完了です。

パソコンは精密機械ですので、取り扱いに注意してもらうために、ダンボールの上部に「パソコン本体」「パソコン注意」上にあたる箇所に「天井」と大きく記入しておきましょう。

引越し時のデスクトップのディスプレイ梱包方法の注意点は

デスクトップの場合は、ディスプレイの液晶部分を薄手のシーツなどでしっかり保護するして、傷を防ぐようにしましょう。

その上からダンボールを2〜3枚当ててガムテープで固定してから、厚手の毛布または緩衝材で保護するとズレにくくなります。

ディスプレイの液晶サイズが大きいほど、保護する面積が増えるのでしっかり保護してください。

デスクトップの脚の部分は運搬中に壊れやすいので、緩衝材またはタオルで保護することを忘れないようにしましょう。

引越し時の正しいノートパソコンの梱包方法は?

ここからは、ノートパソコンの梱包方法についてみていきましょう。

先程のデスクトップパソコンとほぼ同じになります。

①梱包の材料を用意する

ノートパソコンを入れるダンボール、パソコンを包むタオルまたは毛布、隙間を埋める緩衝材または新聞紙、そしてテープを準備してください。

ダンボールはノートパソコンよりも少し大きめのを選びましょう。

②ノートパソコンとケーブル、付属品をタオルで包む

厚手のタオルまたは毛布にノートパソコンを包みます。同様にケーブル、付属品もしっかり包んでください。

③ダンボールの底にクッションとなる緩衝材を敷き詰める

外部からの衝撃から守るために、ダンボールの底に緩衝材またはタオルを敷き詰めます。

④ダンボールの中にノートパソコンを入れる

タオルで包んだノートパソコンをダンボールの中に入れます。

ケーブルと付属品も一緒にダンボールに入れる場合は、パソコンとぶつからないように少し離して入れると良いです。

⑤ダンボールの隙間を埋める

ダンボールの中の隙間を埋めるために、緩衝材や丸めた新聞紙、タオルなどで埋めていきます。

⑥ダンボールに蓋をしてガムテープで止めて完成

ダンボールに蓋をしたらしっかりガムテープで固定したら完成です。

引越し時にパソコンを梱包する際の注意点

引越し時にパソコンを梱包する際には以下の点に注意しましょう。

①ダンボールは大きめを選ぶ

最近は小型のノートパソコンも増えているため、小さめサイズのダンボールに入れて運ぶ方がいます。

しかし、小さめのサイズのダンボールには
隙間があまりないため緩衝材を詰め込むスペースがなく、衝撃が伝わりやすくなってしまうのです。

すると、パソコンの故障のリスクが上がるのでダンボールは大きめを選び、たくさんの緩衝材を使って衝撃から守りましょう。

②緩衝材を多く使う

緩衝材やタオル、毛布をたくさん使うと外部の衝撃からパソコンを守ることができます。

少ししか使わないと故障の原因になってしまうので、緩衝材は多く使うようにしましょう。

引越し時にパソコンを梱包する際はデータのバックアップをしておこう

引越しでパソコンを梱包する前に、データのバックアップをしておくことが大切です。

しっかり梱包しても万が一、パソコンが故障してしまったら、大切なデータもなくしてしまうことになります。

そのため、引越しでパソコンを運搬される方は、バックアップをとっておくことをオススメします。

長い間パソコンのバックアップを取っていない場合は、1日以上時間がかかることがあるので、後で慌てないためにも早めに行うようにしましょう。

パソコンを引越し業者に運んでもらうときの注意点

引越し業者に荷物の運搬を依頼している場合は、パソコンも運んでもらうことになります。

引越しの作業員は荷物を慎重に運ぶように心がけていますが、荷物の紛失や破損の可能性もゼロではありません。

引越し中にパソコンが壊れてしまうケースは、運搬中の振動によるHDDやCPUクーラーなどの故障などが挙げられます。

パソコンは精密機械ですので、多少の振動でも簡単に壊れてしまうことがあるものです。

そのような万が一のトラブルのために、引越し業者は「運送業者貨物賠償責任保険」という保険に入っています。

ここで注意したいのは、パソコンのデータが失われても補償の対象にはならないのです。

引越し後にパソコンが正常に起動しなくなっても、外的な損傷がなければ損害賠償の対象になることはほとんどありません。

そのため、多くの引越し業者の公式サイトにはデータの補償はないのでバックアップをるように勧めています。

引越し業者にパソコンの運搬を依頼する際は、パソコンをしっかり梱包して、振動によるデータの損失や故障を防ぐことが大切です。

パソコンが入ったダンボールには「パソコン注意」と大きく目立つように書いておくと良いです。

何も書いていないと引越し作業員は、パソコンが入ったダンボールの上に別の荷物を置いてしまうかもしれません。

輸送中に他の荷物の間に挟まってしまったり、ダンボールが潰れてしまう可能性もあるので、引越業者の作業員にパソコンが入っているダンボールを伝えておくことが大切です。

パソコンを自分で運搬するときの注意点

自分で引越しをする場合は、パソコンも慎重に運搬する必要があります。

ノートパソコンは、持ち運ぶことを想定されて作られていますので、多少の衝撃では故障することはありません。

しかし、デスクトップの液晶画面は少しの振動や衝撃が故障の原因となることがあるので注意が必要です。

自分でデスクトップパソコンを運搬する場合は、できるだけ振動や衝撃を与えないように気をつけましょう。

パソコンを入れるダンボールの底には毛布や衝撃を吸収してくれるクッションを敷いて、
ダンボールの中でパソコンが動かないように
固定することが大事です。

引越し・パソコン梱包のまとめ

今回は、引越しの際にパソコンを梱包する方法をご紹介しました。

パソコンは精密機械ですので、気をつけて梱包しなければ運搬中の故障の原因となるので気をつけましょう。

パソコンを梱包する前にデータをバックアップすることも早めに済ませておくことをおすすめします。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です