【洗濯機の引越し】引っ越し前日に水抜きを忘れると故障の原因に!洗濯機の水抜きの方法と運ぶときの注意点

引越し業者に冷蔵庫だけを依頼したときの料金相場は?オトクに運ぶ方法

引越しするときに、洗濯機はそのまま運ぶだけでいいのでしょうか?

結論からいうと、洗濯機は前もって「水抜き」しておく必要があります!

しかし、洗濯機の水抜き方法を間違って行うと、破損したり故障してしまう場合があるので注意が必要です。

新居へちゃんと洗濯機を運び込むためにも、洗濯機の水抜きする方法をホームズ店長しておきましょう!

引越しする前に洗濯機関係で確認しておくべき3つのポイント

引越しする前に洗濯機関係で確認しておくべきこと

洗濯機の配置スペース

引越しをする前には、洗濯機関係で確認しておくべきことが3点ありますのでチェックしておきましょう。

確認する3つのポイント

  • 新居の洗濯機の設置スペースのサイズ
  • 排水口の位置と給水栓の高さ
  • 洗濯機の給水栓の形状

洗濯機置き場には、通常の洗濯機やドラム式の大型タイプも置けるようになっています。

しかし、古い物件の洗濯機置き場には、大型の洗濯機を置く十分なスペースがなかったり、排水栓の形状が異なる場合があります。

洗濯機の給水栓の形状には、多くの種類があるため、給水栓と給水用ホースを繋いでいた接続具はそれぞれ異なります。

給水栓の形状にあった口金や、ホースを締め付けるバンドが必要かどうかを確認しておきましょう。

【重要】引越し前日は必ず水抜きをすること

洗濯機の水抜きは、他の電化製品や家具の破損を防いだり、作業をする人の安全のためにも大切な作業です。

引越し業者に依頼する場合も、「洗濯機は事前に水抜きしておいてください」と求められます。

引越しをする前日には、忘れずに洗濯機の水抜きを行いましょう。

洗濯機の中には水が溜まっているので、水抜きをしないで運搬すると水漏れしてしまいます

洗濯機は、洗濯をし終わって排水しても、本体内に水が残っていますので、それを水抜きする必要があるのです。

もし、内部に水が残ったままだと、運搬中の水漏れや故障の原因になりますので、完全に取り除くことが大切です。

当日は慌ててしまわないために、前もってやっておくと良いかもしれませんね。

【水抜きの道具】洗濯機を水抜きするときに必要なもの

洗濯機を水抜きするときに必要なものは?

マイナスドライバー

ここからは、洗濯機の水抜きに必要なものを確認していきましょう。

洗濯機を水抜きするためには、以下の道具が必要ですのであらかじめ用意しておくと便利です。

洗濯機の水抜きに必要なもの

  • 洗濯機の取り扱い説明書
  • 養生テープ
  • マイナスドライバー
  • 洗面器またはビニール袋
  • タオルまたは雑巾

洗濯機の水抜きする方法は、機種によって異なりますので、取り扱い説明書に目を通して手順を確認しておきましょう。

養生テープはビニール袋やホースを洗濯機本体に固定するために必要です。

マイナスドライバーは、アース線がカバーされている隙間に入れて、カバーを外すときに使います。

そして、給水用ホースや排水用ホースを外した後に、水が漏れないように洗面器またはビニール袋で受け止めます。

外した口金やネジ類は新居でも使うのでビニール袋に入れて保存しておきましょう。

タオルや雑巾は、洗濯機の器具を外すときに周囲に水滴が漏れるのを受け止めるため、また洗濯機の内部を拭き掃除をするために必要です。

【水抜きの方法】引越しの際の水抜きの方法・やり方

引越し業者に冷蔵庫だけを依頼したときの料金相場は?オトクに運ぶ方法

洗濯機

ここからは、洗濯機の故障を防ぐための正しい水抜き方法をみていきましょう。

一般的な洗濯機の水抜きは以下の手順で進めますが、洗濯機の機種によってはやり方が異なる場合がありますので、取り扱い説明書を見て確認しておいてください。

洗濯機の水抜きの方法

  1. 給水用ホース内を水抜きする
  2. 洗濯機の水抜き
  3. アース線と電源コードを取り外す
  4. 排水ホースを取り外す
  5. 洗濯槽の中を拭き取る
  6. ホースの劣化具合を確認する

洗濯機の水抜きの方法①給水用ホース内を水抜きする

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

洗濯機の排水ホース

給水栓と洗濯機を繋いでいる給水用ホース内の水抜きをします。

まず、水が出ないように給水栓を閉じてから、洗濯機の電源を入れてフタを閉めて洗濯コースを選んでスタートします。

洗濯機の機種によって洗濯コースに違いがあるため、事前に取り扱い説明書を読んで確認しておきましょう。

スタートしてから15~30秒ほどしたら電源を切ります

まだ洗濯機に水が流れる場合は不十分なので、もう一度給水栓を閉め直してやり直してください。

洗濯機の水抜きの方法②洗濯機の水抜き

縦型式洗濯機の水抜き

洗濯機内に残っている水と排水ホースに残っている水を出します。

もう一度、洗濯機の電源を入れて、脱水コースを選んでスタートボタンを押します

脱水コースは一番短い時間で問題ありませんが、操作方法は機種によって異なりますので、取り扱い説明書を参考にしてください。

ドラム式洗濯機の水抜き

縦型式と同じく洗濯機内に残っている水と排水ホースに残っている水を出します。

ドラム式洗濯機には、便利な糸くずフィルターという機能が付いているため、衣類から出た糸くずを自動的に取り除いてくれます

機種によって水抜きするつまみ部分の位置は異なるので、わからない場合は取り扱い説明書を見て確認しましょう。

全自動洗濯機の場合は、斜めにしたり傾けてゆすったりすると壊れやすくなるので、取扱には十分に注意してください。

洗濯機の水抜きの方法③アース線と電源コードを取り外す

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

アース線と電源コード

洗濯機と接続しているアース線と電源コードを取り外してください。

はじめにコンセントから電源コードを取ったら、次にマイナスドライバーを使ってアース線を抜きます。

取り出したアース線と電源コードは、タオルで水分を拭いてから、引越しの運搬中に紛失しないように、輪ゴムで止めてビニール袋に保管しておきましょう

洗濯機の水抜きの方法④排水ホースを取り外す

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

バケツ

排水ホースには水が多く溜まっているので、残水を受け止めるために洗面器またはバケツを用意してください。

排水ホースを抜いたらすぐに残り水が溢れるため、床が水浸しにならないように注意しましょう。

洗濯機側からもホースを外して、別の袋に入れておくと簡単に運ぶことができます。

洗濯機から取り外せない場合は、ホースを洗濯機本体にガムテープで止めて動かないように固定してください

洗濯機の水抜きの方法⑤洗濯槽の中を拭き取る

洗濯槽の中に残った水滴をタオルで拭き取ります。

その際に、洗濯機全体のほこりや汚れも拭き取っておけば、新居に洗濯機を持ち込んだときに気持ちよく使うことができますね。

洗濯機の水抜きの方法⑥ホースの劣化具合を確認する

洗濯機のホースは劣化しやすいため、長く使っているとひび割れていたり傷がある場合があります。

壊れていなくても、劣化状態が進んでいれば、引越しを機に交換することをオススメします。

今までご紹介した水抜き方法は、一般的なやり方ですので、自分の持っている洗濯機の正しい水抜き方法の詳細は、取扱説明書を確認してください。

【運搬の注意点】洗濯機を運ぶ際の注意点

水抜きが終わったら、洗濯機を運ぶ際に注意点がありますので確認しておきましょう。

縦型式洗濯機を運ぶ場合

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

縦型式洗濯機

縦型式洗濯機は、比較的揺れに強い構造になっていますので、水抜きがしっかり完了していれば、運搬するときに特に問題はありません。

ただし、自分で運搬する方は、洗濯機が倒れないように配置に注意しましょう。

ドラム式洗濯機を運ぶ場合

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機は、揺れや傾きに弱い構造になっています。

そのため、ドラム式洗濯機は、運搬する前に本体や側面に輸送用の固定ネジを締めて、本体が動かないようにする必要があります

固定ネジの場所は取り扱い説明書に記載されていますが、わからない場合はメーカーに連絡して確認しておきましょう。

洗濯機の引越しは業者に依頼すると安心

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点

引越し業者

洗濯機の引越しは、重くて作業が複雑なので引越し業者に依頼して任せるのが安心です。

引越し業者は運搬のプロですから、自分で引越しをする方も洗濯機や冷蔵庫といった大型の家電だけはお任せすると安心です。

自分で洗濯機を運搬する場合は、ホースやコードの付属品を紛失しないように注意しましょう。

万が一、付属品がどこに行ったかわからずになくしてしまったら、新居でも洗濯機をすぐに使うことができなくなるので不便ですよね。

そうならないためにも、洗濯機の水抜き作業は早めに行い、細かい部品の保管も早めに済ませておきましょう

そして、引越し業者に洗濯機の運搬を頼むと、新居での洗濯機の設置も行ってくれますが、自分で搬入する際は設置も自分ですることになります

洗濯機を正しく設置するためには、傾きやズレがないように確認しておきましょう。

洗濯機の運搬だけを依頼できる引越し業者はある?

重量がある大きな家電だけを引越し業者に依頼したいという方も多いです。

例えば、洗濯機だけを引越し業者に依頼する場合にかかる費用は、どこも距離と荷物の大きさによって変わります。

そのため、いくつかの引越し業者から相見積もりをとって比較してみることをオススメします。

大型家電のみの引越しを取り扱っている引越し業者

アーク引越センター、ダック引越センター、ヤマトホームコンビニエンスでは、家電製品や大きな家具の運搬を専門としたプランが用意されています。

引っ越し業者 アーク引越センター ダック引越センター ヤマトホームコンビニエンス
プラン名 大物限定プラン 家具だけプラン 大型家具・家電配送

上記のプランは、どこも距離と荷物の大きさに応じて料金が設定されているため、簡単に確認できますので、まずは見積もりを出してもらいましょう。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

水抜きを忘れると故障の原因に!引越し前日の洗濯機の水抜きの方法と注意点のまとめ

引越し業者に運搬を依頼すると、洗濯機の水抜きを事前にしておくように促されることがあります。

もし、水抜き作業を忘れてしまうと、床が水漏れしたり故障の原因となるので早めに済ませておきましょう。

水抜きや簡単な引越し準備は、引越し当日ではなく数日前に済ませておくと安心ですね。

洗濯機を新居に持って行かない方は、前もって処分することも忘れないようにしてください。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です