【引越しで断捨離】引っ越しをきっかけに断捨離しよう!新生活のために捨てるべき4つのもの

新居が決まって引越し日も決まったら「荷造り」をして、いよいよ新生活への準備が始まります。

いざ、荷造りしようと荷物を見渡してみると、大量の荷物があって「どうしよう」と思っていませんか?

全部持っていくには荷物が多すぎるし、読まない本、何年も着ていない服、使っていないバッグなど不要なものが多いことに気が付くのです。

そんな引越しの準備の際にオススメしたいのが「断捨離」です。

断捨離をすれば、引越しに「捨てるべきもの」が見えてきて、本当に必要なものだけを運べるようになりますよ。

引越しの準備で荷物を処分したいけど、何を捨てるべきかわからないと迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

引越しは荷物が少ないほうが良い理由

まずは、引越しは断然荷物が少ないほうがオススメの理由をご紹介します。

まず、荷物が多過ぎると、梱包や荷造りといった準備が大変になり、引越し業者に支払う料金が高くなる可能性があります。

要らないものは処分したり売ったりして、荷物を減らすことで、本当に必要なものだけを新居に持って行くことができて、スッキリした新生活を送ることができるのです。

あまりに荷物が多い場合は、引越し業者の作業員が小物類や食器の荷造りに対応してくれる「引越し業者のらくらくパック」というものがあります。

ただし、引越し費用は通常の価格よりも高くなりますし、また新居でも新しいものが増えていけば、ますます物が増えてしまいますよね。

引越し費用を抑えて、スッキリした新生活を送るためにも荷物は少なくまとめることをオススメします。

引越しをきっかけに断捨離しよう

引越しをきっかけに「断捨離(だんしゃり)」をして、思い切って要らない物を処分してしまいましょう。

断捨離とは、ただ単に物を捨てて整理するのが目的ではなく、自分にとって「本当に必要なもの」を見つめ直すのが目的です。

最終的に物への執着心を減らして、余計な物を増やさないことで、快適な生活を送るのが目的です。

①「断」新しく入ってくるモノを断つ

部屋が散らかっているのは、次から次へと新しくモノを買い、モノを増やしてしまうからです。

断捨離といえば「捨てる」イメージがあるかもしれませんが、断捨離で最初に実践するのが、新しく入ってくるものを「断つ」ことです。

引越しの日時が決まっているなら、その日までに物を増やさないことを心がけていきましょう。

新しく入ってくるモノを断つには、「本当に必要かどうか?」を見極める力が必要になります。

コンビニのレシートや広告チラシなど、部屋には、自分が気づかないうちにモノで溢れかえってしまいます。

常に「新しいモノを入れない!」と意識すれば、もらったレシートやチラシはすぐに捨てて、部屋に入ることがなくなりますよ。

②「捨」今ある不必要なモノを捨てる

断捨離のキーポイントとなるのが、今ある不必要なモノを捨てる行為です。

引越しに向けて、不要な物を捨ててしまう単純な作業ですが、どれが捨てるべきものが判断できずになかなか作業が進まない場合もあります。

もったいないと思っても、必要になった時に
買い直せば良いので、この際、思いきって捨てる勇気が必要です。

不要なモノは捨ててしまい、必要になったら買い直すという考えを身につけると、モノを捨てることが苦にならなくなります。

モノへの執着をなくして、いらないものを捨てれば、驚くほど部屋の整理や掃除まで楽になますよ。

③「離」モノへの執着から離れる

「断」と「捨」を実践することにより、自然と「離」が身に付いていきます。

不必要なモノを新しく買わない、今持っているものを捨てることができれば、モノへ執着する心が次第になくなるというわけです。

結果的に、部屋の整理が楽になり、引越しをきっかけに人生までスムーズに行くようになります。

引越し時に断捨離する3つのメリット

断捨離の考え方が身につくと、どのような効果・メリットがあるのかをみていきましょう。

①引越しが簡単になる

断捨離をすることで、部屋から無駄なモノが無くなり、整理できるので、引越しの荷物が少なくなり運搬が楽になります。

断捨離の「新しく入ってくる物を断つ」、「物へ執着することから離れる」という考え方が身につけば、新居でも部屋が散らかることはありません。

②仕事の効率が上がる

断捨離の考え方は、不要なモノを捨てるため、そして不要な考え方を捨てるようになります。

自分の仕事机や身の回りのものが整理されると環境が良くなるため、引越しの断捨離をきっかけに仕事の効率も上がります。

③前向きになる

引越しの際に断捨離すると、ムダなモノを捨てるため、新生活では必要なものだけを買うようになります。

自分の好きなモノや好きなことだけに囲まれるので、新生活で前向きで幸せになれるのです。

自分が作ったその環境は、自分にとって幸せであることは間違いないはず。

引越しの際に捨てるべき4つのもの

断捨離する際に、まず最初に捨てるべきものは何があるでしょうか?

荷物の量を減らせれば荷物がスッキリ整理できるので、引越し料金も安くなります。

では、具体的にはじめに捨てるべきものをみていきましょう。

①使わない食器

食器は減らないのでどんどん増えるばかりです。使う食器はいつも同じパターンは多いのではないでしょうか?

使わない食器は処分してしまえば、新居では戸棚の出し入れがスムーズになり、自分の食器の好みを把握できるようになります。

日常的に使うお皿はそんなに多くなくても大丈夫なことに気がつくでしょう。

食器はとても重く割れ物なので、引越しの荷造りをするのも大変です。

食器は1枚ずつ割れないように梱包しないといけませんし、大量に食器があればさらに荷造りに時間がかかってしまいます。

食器の量が少しでも減れば、荷造りの手間が省けて引越しの荷物も軽くなるので、早めに処分してしまいましょう。

なかなか捨てられない方は、「いつか使うから」と思っていますが、そのいつかは来ることなく、どんどん増えてしまう一方です。

出番の少ない食器は捨ててしまい、必要な数だけ残して引越しすれば、新生活もスッキリスタートできますよ。

そのため、食器は思い切って断捨離してから引越したほうが賢いと言えますね。

②読まない本

部屋にある本は、「また読もう」と思って家に置いてありますが、意外に読まず、新しい本が増えるだけです。

買える本や図書館で借りられる本は、部屋からなくすために捨ててしまいましょう。

やっぱり必要な本だったなと感じたら、その時はまた手に入れてることもできます。

本はとても重いので、引越しの際に運ぶのはかなり大変です。

そのため、不要な本は捨ててしまうか古本屋に出したりして処分するようにしましょう。

③着ない服や小物

「いつか着るだろう」と思ってだんだん溜まってしまうのが衣類です。

痩せたら着るつもりで服を残している方も多いのですが、実際に痩せたら新しい服が欲しくなるはず。

今の時点で着ない服は引越しをきっかけに断捨離して捨ててしまいましょう。

特に衣料品は、引越しの荷物の中で最も量があってかさばるのです。

服をいっぱい持っている方は、引越し業者から受け取ったダンボールだけでは足ないため、自分で準備するとかなりの数になってしまいます。

引越しの作業も持ち運ぶのが大変ですが、引越し費用も高くなってしまうのも残念ですよね。

そうならないためにも、引越しをきっかけに思い切って衣類を断捨離しましょう。

絶対に着るもの、着るか着ないかわからないもの、ほとんど着ないものの3種類に分けていきましょう。

ほとんど着ないものは結構な数になりますが、潔く捨ててしまえば、ダンボールの数も少なくなりますよ。

④使わない家具

引越しの荷物の中でも家具は大きい荷物ですので、使っていない家具があれば、1つでも減ると引越しが楽になります。

引越前にリサイクルショップに売りに行ったり、粗大ゴミ収集場に出しておくと良いです。

使わない家具を新居に運べば、その分だけ家が狭くなりますし、きっと新居でも使わないはず。

なんとなくもったいないから捨てられないという気持ちを断ち切らなければ、いつまでもその家具が部屋を狭くしてしまいます。

引越しの際に捨てないでとっておくべきものは?

断捨離では、不要なものはとにかく捨てるべきものに該当しますが、捨てずにとっておいた方が良いものは何があるでしょうか?

▼捨てずに取っておくべきもの

・思い出が詰まった写真・ビデオ・DVD
・趣味でずっと集めているようなコレクション

上記のものは捨てずに残しておいたほうが良いです。

断捨離は、普段は使っていなかったら捨てるべきという考え方ですが、使っていなくても思い出のものと好きな物は大切にすべきです。

とにかく捨てることが断捨離と誤った考え方で作業すると、あとで後悔してしまう確率が高いので気をつけてくださいね。

実用的なものは、だいたい3年使っていないものは捨ててOKと判断します。

なかなか断捨離が進まないという方は、大きな物や部屋の大部分を占めている物から始めてみましょう。

大きなものが減ると、引越しが楽になりますし、引越し費用も抑えることができます。

断捨離の魅力は、モノを単に捨てまくるのではなく、決断力がついて、自分のことがよくわかるようになることです。

新生活が爽快にスタートできたり、生活や人生までスッキリして無駄がなくなり、幸せを手に入れることができるでしょう。

捨てる前に寄付できるか考える

不要な衣類や食器、本などが大量に出たら、
捨てる前に寄付をできるか考えてみましょう。

大量の衣類を捨てるということはそれだけゴミの量が増えますが、誰かに着てもらうことができれば、ゴミにならずに洋服として再利用されます。

世の中には、衣類が手に入らずに困っている国の人々がたくさんいます。

そんな方々を助ける気持ちを持つことも大事です。

衣類の寄付は、様々な団体や自治体で受け付けていますので、ネットで検索すると簡単に見つけることができます。

自宅から近い送付先をもつ団体を選んで、要らない服を寄付をしましょう。

引越しと捨てるべきもののまとめ

今回は、引越しの際に捨てるべきものをご紹介しました。

新居に引っ越せば、またどんどん荷物が増えていきますので、引越しきっかけに物を減らすことを考えてみましょう。

断捨離をして大量にゴミが出ると、ゴミの分別作業も適切に行うことが大切です。

新居に引越す前にきちんとゴミを処分して、荷物もすっきり整理できれば、気持ちよく引越しができますよ。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です