【転出届&転入届】引越しの時の転出届と転入届の手続き方法は!?必要な書類と手続き期限

はじめての引越しでは、役所でする手続きがありすぎて、何から手を付ければ良いのかわからない方は多いでしょう。

引越しが決まったら、住民票の住所変更として、旧住所の役所で「転出届」を提出して、その後に新住所の役所で「転居届」を提出する必要があります。

転出届と転入届の手続きは、期限が定められているのでなるべく早めに済ませておくと安心ですね。

そこでイエプロでは、引越し時に必要な転出届と転入届の手続きの仕方と必要書類などをご紹介しましょう。

引越し時の転出届の手続き

まずは、転入届の前に旧住所の役所にて転出届を提出する手続きをみていきましょう。

新しい住民が今まで住んでいた市区町村と異なる場合は、「転出届」の提出が必要になります。

もし、同一市区町村内の引越しの場合は、「転出届」ではなく「転居届」の提出が必要となるので注意しましょう。

もし、わからない場合は、役所に行くとスタッフが必要な書類を教えてくれるので、聞いてみると良いですね。

転居届の提出は、引越しをする前に旧住所の役所で忘れずに行うようにしてください。

転出届は、引越しをする14日前から提出できますので、新住所が決まったら、引越しの準備をしながら転出届も済ませておきましょう。

通常は、転居届の提出は平日のみですが、最近は土曜日と日曜日も転出届の提出を受け付けている役所もあります。

土日に行きたい方は、ホームページで確認したり事前に電話で問い合わせてみてください。

転出届を提出すると、「転出証明書」が発行されますのでそれを受け取り、失くさないように保管してください。

「転出証明書」は、引越し先の役所で転入届を提出する際に必要となります。

ただし、海外へ引越しする場合は、「転出届」を提出する必要がありますが、転出証明書は発行されません。

引越し時の転出届の手続きに必要なもの

転出届の手続きする際には、本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証またはパスポート)、印鑑が必要となります。

転出届の用紙は、役所の窓口に置いてあるので、必要事項を記入してから提出してください。(料金はかかりません。)

転出届の手続きは、基本的に本人がするべきものですが、時間的に都合がつかない場合などは代理人に依頼することができます。

ただし、依頼人は世帯主、または本人と同一世帯の人でなければならないため、依頼人は家族の誰かにお願いするようにしましょう。

代理人が転出届を提出するには、本人の印鑑が捺印されて委任状、代理人の本人確認のための身分証明書が必要となります。

必要なものは自治体によって変わるため、詳しくは役所に問い合わせしてください。

転出届の転出予定年月日がわからない場合は?

引越しすることは決まっていても、引越し日がまだ確定していない方もいるでしょう。

転出届には、転出予定年月日となっており、だいたいの予定であれば問題ありません。

記載した転出予定年月日と実際の引越し日時がズレてしまっても訂正する必要はないので大丈夫です。

引越し日が確定しないために、転出届の提出が遅れてしまう方が、後々大変になります。

そのため、引越し日が確定していなくても、引越し日14日前までに転出届を提出するようにして下さい。

転出届を提出後に引越しが中止になったらどうする?

引越しする予定があり、役所で転出届を提出したけれども、何らかの理由により引越しが中止になった場合は、転出届の抹消手続きが必要です。

引越しをしないとわかったら、なるべく早めに役所の窓口へ行き、転出証明書を提出して転出届を抹消してください。

各市区町村により、手続き方法が異なる場合がありますので、詳しくは役所に確認するようにして下さい。

引越し時に必要な転出届は郵送してもらえる?

転出届は引越し日の14日前に提出しなければなりませんが、何らかの理由で役所へ行けなかったり、転出届を提出せずに引越してしまったら郵送してもらえるのでしょうか?

万が一、転出届を提出できなかった場合は、郵送で転出届を提出できます。

郵送で転出届を提出したら、新住所へ転出証明書が返送されるので、それを転入届と一緒に提出して下さい。

ただし、郵送の場合は、転出証明書が返送されるまでに1週間くらいかかりますので、なるべく早めに手続きをしましょう。

転出届を郵送する場合は、自治体の役所のホームページから転出届の用紙をダウンロードして、必要事項を記入して郵送します。

その他にも、本人確認のための身分証明書(運転免許証またはパスポートなど)のコピー、新住所が記載された切手付きの返信用封筒も同封します。

必要な書類は自治体によって異なるので、詳しくはホームページまたは役所に電話で問い合わせてみてください。

引越し時の転入届の手続き

さあ、転出届の手続きが終わったら、いよいよ転入届の提出をします。

新住所が旧住所と異なる市町村の場合、転入届の提出が必要です。

引越し先の新住所の役所にて、転入届と転出証明書を一緒に提出します。

転入届と転出証明書の提出は、引越しから

14日以内に済ませるように決められていますので早めの手続きをしましょう。

引越しの転入届に必要な書類は?

転入届は、基本的に本人が行うため、本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)、転出証明書、転入届を提出します。

転入届の用紙は役所の窓口に行けば、置いてあるので無料で手に入ります。

転入届に必要事項を記入したら窓口に提出しましょう。

手続きの期間は引越してから14日以内とされていますが、もし本人が転入届の手続きに行けない場合は、代理人にお願いすることができます。

代理人は、世帯主、または本人と同一世帯の人となるため、家族の誰かに頼むようにして下さい。

代理人に転入届を依頼する場合は、本人の印鑑が捺印されている委任状、転出証明書、代理人の本人確認のための写真付きの身分証明書(運転免許証、またはパスポート)、代理人の印鑑が必要です。

そして、国外からの転入手続きの場合は、家族全員分のパスポートや在学証明書の提示が求められることがあります。

引越しの転入届に必要な書類は、各自治体によって変わりますので、詳しくは電話で問い合わせてみてください。

転入届に記入する内容は?

ここからは、転入届に記入する事項をみていきましょう。

  • 新しい住所
  • 世帯主の氏名
  • 新住所に住み始めた日
  • 今までの住所
  • 引越した人の氏名と生年月日
  • 世帯主との続柄
  • 引越した人の本籍
  • 戸籍の筆頭者
  • 転入届の申請者
  • 連絡先の電話番号

新しい住民は覚えていない方も多いと思いますが、転入届に記入する欄があるので正しくメモをしたものやアパートやマンションの契約書を持っていきましょう。

世帯主氏名は1人を記入しますが、一人暮らしの場合は自分の氏名を記入して下さい。

新住所に住み始めた日は、アパートやマンションを契約した日ではなく、実際に生活を始めた日にちを明記します。

その他にも今までの住所や引越した家族全員のの名前と生年月日を記入します。

連絡先の電話番号は携帯番号でも問題ありません。

記入する項目は多くありますが、わからないときは、役所のスタッフに聞くと教えてくれます。

役所の窓口が混雑しているときは、転入届にゆっくり記入している時間がないので、スムーズに記入できるように予めノートにまとめておくと良いですね。

もし、新住所を忘れたり、転入届の記入事項こ不備があると、何度も自宅と役所を行き来しなければならず、手間がかかるので、必要なものはすべて役所へ持っていきましょう。

転入届の提出が遅れるとどうなる?

転入届の手続きは、引越してから14日以内と法律で定められています。

しかし、何らかの理由で転入届の提出が14日以内に間に合わずに遅れてしまった場合は、最大5万円の過料が課されることがあるので気をつけましょう。

そして、転出届は郵送してもらうことができますが、転入届は郵送による手続きはありませんので、必ず役所での手続きが必要です。

基本的には、転入届の受理は平日に受け付けていますが、最近は、土曜や日曜でも受け付けている役所もあるので、週末に都合が良い方は、役所に問い合わせてみてください。

引越し時の転入届と一緒にできる手続きは?

引越しの役所手続きではじめにやることが転出届ですが、それと同時に多くの住所変更を同時に行うことができます。

そのため、転出届の手続きの際に一緒に持くと良いものをみていきましょう。

  • 国民健康保険証
  • 国民年金手帳
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑登録証
  • 児童手当の所得証明書
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 乳幼児医療証等

新住所の役所へ行ったら、転入届の他にも上記の手続きも同時に行うと良いですね。

例えば、住民票、マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード(家族全員分)、国民保険、国民年金、印鑑登録などの住所変更も一緒に行いましょう。

転入届を提出すると、同時にマイナンバーカード、住民基本台帳カード、国民健康保険証、国民年金手帳も提出を求められることがあります。

一緒にまとめて持参すると、すべての住所変更の手続きを1日で済ますことができます。

住所変更はすべてが連動しているのではなく、ひとつひとつ行わなければならないので、まとめて手続きしてしまうと楽ですね。

その他にも、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証をお持ちの方は、転居届の手続きと一緒にすると良いです。

転入届と同時にできる役所手続きは、自治体によって異なるので、事前にホームページで確認するか電話または問い合わせて下さい。

引越しの時の「転出届」と「転入届」の手続きの仕方と必要書類のまとめ

今回は、引越しの際にまずはじめに役所で手続きしなければならない転出届と転入届の提出のやり方と必要書類などを見ていきました。

引越したばかりは荷物の整理などで忙しい毎日が続きますが、転入届の手続きは早めに済ませておきましょう。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です