【引越しの養生】引越しの傷を守る養生は必要!?引っ越し時の養生にかかる費用と注意点

引越し当日は、新築に大きな家具や荷物が何度も出入りするため、慎重に気をつけて行っても、新居の壁や床に傷や汚れが付いてしまうことがあります。

新居に傷や汚れが付いたらショックですし、また賃貸物件の場合でも困ってしまいますよね。

引越し業者では、大きな荷物を部屋に運ぶときに、傷がつきやすい場所に専用シートでカバーしてくれるサービス「養生(ようじょう)」があります。

養生をしておけば、物を運ぶ際に壁や床に傷や汚れがつくのを防ぐことができるというわけです。

そこでイエプロでは、養生はどの範囲にカバーしてくれるのか、単身引越しでもしてくれるのか、また料金はどれくらいかかるのかを気になる点をご紹介しましょう。

養生(ようじょう)とは?

「養生(ようじょう)」とは、引越しの際に搬入物が床や壁に当たって傷が付くのを防ぐために、専用シートで保護することです。

ほとんどの引越し業者は、搬出入の際に専用のシートを使って養生をしてくれます。

養生する資材は引越し業者ごとに異なりますが、傷が付きやすい場所を中心に養生してくれます。

賃貸物件の場合は、大きくて重い家財道具を運ぶときに壁や床に傷が付けてしまったら、後で修正費用を請求されるかもしれません。

そんなトラブルを防ぐためには、マンションの共用部分であるエントランスやエレベーターには養生することが重要なのです。

ほとんどの引越し業者は、引越し料金に養生のサービスが含まれていますが、別料金になっているところもあるので前もって確認しましょう。

引越し業者によって、養生のサービス料金は異なりますが、1フロアあたり5,000円からといった設定がされています。

引越し費用削減のために、養生はなしで行う方もいますが、後から後悔しないために重要ですので確認しておきましょう。

養生してもらえる範囲は?

ほとんどの引越し業者は、荷物が多い少ないに限らず、依頼すればどんなプランであっても養生はしてくれます。

ただし、気をつけたいのは物件によっては専用カバーを設置する場所が変わる場合があります。

養生をしてくれる場所

  • 人の出入りの多い玄関
  • ぶつかりやすい角
  • 人や家具が通る壁と床
  • 手すり部分
  • 戸建ての階段、ドア、木製部分

基本的には、大型の荷物が通る場所と置く場所には、重点的に養生してくれます。

例えば、冷蔵庫のような大型家電を運び入れる際は、設置する場所までの間に資材シートを引いておきます。

そうすれば、重い冷蔵庫もそこに一旦おろして休憩してから再度運ぶことができます。

もし養生をしていない床の上では、傷が付いてしまうことがあるので養生は大切な作業だと言えますね。

ただし、手持ちで簡単に運べるダンボールしかない場合は、壁の養生はしないことが多いです。

ダンボールを引きずって床が傷つかないように、床にはダンボール用のフロアシートを敷いてくれますので大丈夫。

床は案外傷つきやすいため、しっかり保護してもらえるので安心ですね。

マンションは契約条件をチェックしよう

マンションを購入したり賃貸する際に、契約条件において、荷物の搬出入時には共用部分を養生するように決められてあることがあります。

高層マンションの引越し作業は、台車を使用する事が多いので、台車が通過する通路や床、壁などが傷付かないように養生するように求められるのです。

引越し当日に養生していないと管理人や入居者からクレームがくるかもしれませんので、
契約条件に養生の必要性も確認することが大切です。

単身引越しでも養生してもらえる?

単身引越しは、部屋も大きくなく荷物が少ない場合が多いですが、荷物が多い少ないにかかわらず、引越し業者は搬出入の際に養生をしてくれます。

大手の引越し業者は、搬出入時にはしっかり養生をしてくれますが、中小引越し業者の場合は養生をしないところや別料金とする業者もあるので、事前に確認しておきましょう。

古いアパートやマンションであっても、壁や床に大きな傷を付けてしまうと、リフォーム代を請求される場合もあるので養生は大切です。

引越し当日に養生をお願いしても素材を持ち合わせていない場合もあるので、事前に搬出時に養生してもらうようにお願いすると良いでしょう。

養生は引越し料金に含まれているの?

通常の引越し料金の中に養生にかかる費用は含まれています。

小さい業者は別料金となるケースもあるため、見積もりの際は料金の内訳をしっかり確認しておきましょう。

引越し業者によっては、養生してもらう範囲が増える場合、追加料金が発生するところもあるので、その点も事前に確認しておくと良いですね。

養生を依頼するときの相場は?

養生を追加して依頼する場合は、相場はいくらくらいかかるしょうか?

引越し業者によって異なりますが、1フロアあたり5千円から1万円が相場となっています。

アート引越センター アップル引越センター 日本通運
養生料金 ¥10,000~20,000 ¥5,000~10,000 ¥10,000~
管理会社への連絡 なし あり なし

養生してもらう範囲によって変わりますが、だいたい多くて1万円となっています。

大手の引越し業者の場合は、事前にマンションの管理会社に連絡をして面積の確認をしてくれます。

一部の引越し業者は面接を確認せずに当日に追加料金を請求するところもあるので、注意が必要です。

格安プランには養生がないケースもあるため、見積もり書をよく確認しましょう。

養生の素材はレンタルできるの?

大抵の場合は、引越し業者に養生を依頼するケースがほとんどです。

しかし、距離が近い引越しや荷物が少ない場合は、自分で引越し作業をされる方も多いでしょう。

そんな方は、養生資材のレンタルや購入をする方法もあります。

万が一、家財が壁などに当たってしまったときは、賃貸物件の場合、退去時の修繕費が高くなってしまう可能性があります。

そのため、自分で簡単な引越しをされる方も養生してといた方が安心です。

養生用の資材はダンボールやエアクッションなどで代用できます。

ホームセンターで購入したり、レンタルしたりする方法もあります。

引越したばかりの新居は、壁や床に傷や痛みを付けてしまわずに、気持ち良く新生活をスタートさせたいですよね。

特に、壁や床、ドアなどにはしっかりと養生をしておくことが大切です。

引越し業者に作業を頼んでいる場合は、基本的におまかせで問題ありませんが、個人での引越しする場合は、養生の準備も忘れないようにしましょう。

養生を依頼するときの3つの注意点

引越し業者に依頼しても、床や壁に傷が付いたのを発見することがあります。

その傷は、搬入時の際に付いたのか、部屋の整理をするときに付いたのかわからないため、後々トラブルになることもなりかねません。

そのため引越し当日は以下の事項を確認して
おきましょう。

①部屋の中を事前に確認しておく

新居に引越し業者が入る前に、部屋の中に傷や汚れがないかどうか確認しておきます。

養生をする前に確認しておけば、後から揉めることもありません。

②養生の設置や撤去に立ち会う

引越し業者によっては、養生の際には粘着跡の残らない固定テープを使用しますが、まれに痕が残ったり壁紙が破けてしまうケースもあります。

養生の資材を設置したり撤去する際にも傷や汚れがつくこともあるため、その場に立ち会って確認すると安心ですね。

③傷や汚れはその日にチェック

引越し業者に荷物を運び入れてもらったら、ひと仕事が終わって安心してしまいます。

しかし、万が一傷や汚れが付いていたら早めに業者へ連絡が必要となるため、必ずその日のうちにチェックしましょう。

マンションや一軒家などの壁紙は張り替えられても床の傷は物件自体の価値を下げてしまうので注意が必要です。

掃除や片付けを始める前に壁や床をチェックして、万が一引越しによる傷や汚れを発見した場合は、早めに引越し業者へ連絡してください。

前に住んでいた人の生活の傷や汚れ、消耗は
仕方ありませんが、引越しの搬出入時に大きな傷を付けてしまったら、それは引越し業者の責任となります。

その場合は、業者は傷や汚れを確認したうえで、損害補償などの対処をしてくれます。

引越し業者によっては、搬入作業の終了後に立ち合いのもとで傷や汚れの確認してくれるところもあります。

余裕があれば、養生する前に建物全体を作業員と一緒に見て回ると安心ですね。

そして、引越し作業が終わったら、作業員が作業終了の確認を求めてきますので、荷物の確認だけでなく玄関、壁、床などに傷がないかも確認するようにしてください。

引越し初日から傷や汚れによるトラブルとならないためにも、引越し準備の一つとして養生をしっかりしておくことも大切なので覚えておきましょう。

引越し時の傷を守る「養生」は必要!?養生にかかる費用と注意点のまとめ

今回は、引越しの際に壁や床を保護するための養生についてご紹介しました。

大抵の大手の引越し業者の場合は、養生をしっかり行ってくれるので心配はありません。

まれに養生する箇所が不十分な事もあるので、追加で養生してほしい箇所があれば、スタッフに伝えておきましょう。

大抵の作業員は当日でも対応してくれるケースが多いので遠慮しないでリクエストしましょう。

注意したいのは、格安プランの引越しがメインの中小引越し業者の場合は、養生にかかる手間や費用を省くところもありますので事前に見積もり書を確認してください。

新生活を気持ち良い気分でスタートするためにも引越しプロセスのひとつとして養生をしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

idx=0.25503.237207.1005.1665&dna=28150" width="1" height="1" border="0" />

⇒【50%安くなる】今すぐ無料見積もりしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です