三井住友トラスト不動産のマンション売却の口コミ・評判は!?高額査定と仲介手数料値引きテクニック

三井住友トラスト不動産のマンション売却の口コミ・評判は!?高額査定と仲介手数料値引きテクニック

三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、住友信託銀行グループの不動産仲介業務を担う会社で、80年以上の業務経験を生かしたサービスで、業界5位の年間仲介件数を誇ります。

銀行系であるため単なる物件売買だけでなく不動産の投資や運用にも長けています。手持ちの不動産について視野の広い選択ができるので人気があります。

顧客満足度は90%を超える

三井住友トラスト不動産の顧客満足度は実に91%強。丁寧な対応からユーザーの心をぎゅっと掴んでいます。

物件を売買する際には何より不動産担当者の質の高さが重要ですが、三井住友トラスト不動産の担当者は信頼できるので、安心して売却を依頼できると評判です。

物件売却を頼んだら、値下げ交渉ばかり言ってくる担当者にあたってしまった、契約を済ませた途端態度が乱暴になった、など不動産会社の担当者に関する悪い口コミもよく聞かれます。

三井住友トラスト不動産の担当者は丁寧な態度で信頼できるので、ただ高値での売却を目的とするのではなく、安心して仲介を任せたい方におすすめです。

三井住友トラスト不動産の年間成約件数は10,000件超えで、これは同社の全国ネットワークの充実と、担当者の質の高さ、コンサルティング能力のたまものです。

同社の営業担当者の宅建資格保有率は驚きの98%で、ユーザーは大船に乗ったつもりで安心して不動産の売却を任せられます。

また、三井住友信託銀行グループに属しますから、ローン関連のことや資産運用を連携でき、スムーズに進められるのも嬉しいポイントです。

大手企業にありがちな、一件ずつの案件の対応に機械的になり丁寧な応対をしてもらえない、というようなことがなく、ユーザーひとりひとりに寄り添ってきめ細かな相談に乗ってくれます。

まさに、こうした企業努力の結果が年間10,000件の成約数、満足度91%という高い数字に出ているのです。

物件の売買というのは、売り主は少しでも高く売りたいですし、買い主は少しでも安く買いたいので、利害が必ずしも一致せず、両者をスムーズに仲介するのは難しい役割です。

そんな状況のなか、満足度90%超をたたき出すというのは、売り主と買い主をどちらも満足させる担当者の質の高さや企業努力のあらわれと言えます。

住宅設備修理サポートとは?

三井住友トラスト不動産の住宅設備修理サポートとは、決められた住宅設備の故障を無料で修理してもらえるサービスです。

専任もしくは専属専任媒介契約が必要というルールがあるとは言え、売り主、買い主どちらにもありがたいサービスで高評価を得ています。

具体的にいうと、調理器具、給湯器、温水洗浄便座、インターホン、換気扇、エアコン、浴室乾燥機といった設備に故障があれば最大500万円を限度に保証してくれます。

住宅設備修理サポートの条件を満たす物件なら、引渡ししてから6ヶ月間が修理対象期間となり、買い主が実際に物件に暮らしはじめてから6ヶ月以内なら設備の故障を無料で直してもらえるので安心です。

とくに中古物件の購入の場合、すべての設備が新しいものではないので、住宅設備修理サポートはまさにかゆいところに手が届くサービス。買い主は安心して物件購入を進められます。

三井住友トラスト不動産のメリット

年間10,000件以上の成約をこなし、ユーザー満足度90%を誇る三井住友トラスト不動産。
大手の強みであるネットワークや関連会社との連携とともに、担当者の丁寧な接客態度が評価されています。

メリット①担当する地域の情報に精通している

三井住友トラスト不動産の営業担当者は、自分の担当する地域情報に精通していて、その地域の特徴に沿った売却計画を提示してくれます。

たとえば、すぐ近くのエリアでもあの道の向かい側は売れにくい、有名進学校があるこの学区は子育て世代に人気、などという、地域に寄り添った情報を知らないと不動産売却を有利に進めることはできません。

大手不動産会社のなかには、地域情報に明るくない担当者が辞令により機械的に赴任するケースもありますが、三井住友トラスト不動産の場合はそうしたことがなく安心できます。

メリット②集客力の高さ

三井住友トラスト不動産は大手の強みである全国ネットワークを駆使し、物件の買い主を見つけ出します。

たとえば売りたい物件の情報をほかの系列店舗にすみやかに共有する、三井住友信託銀行で広告を掲示する、SUUMOなど不動産ポータルサイトに掲載する、新聞の折り込みチラシに入れるなど、より多くの消費者の目に留まる努力を怠りません。

色々な広告方法を駆使することで、さまざまな年齢層に情報を届けることができ、早い時点で物件購入希望者を探しだせるのです。

メリット③測量・瑕疵保険

三井住友トラスト不動産には瑕疵保険サービスがあり、土地の測量、物件の引き渡し後の不安を解消してくれます。

瑕疵保険サービスは専門業者に依頼しても良いのですが、物件情報に明るい不動産仲介会社が担ってくれれば、とてもスムーズに事が運びます。

ほかの不動産会社では土地測量サービスなどを扱っていないことも多く、三井住友トラスト不動産の大きな強みです。

三井住友トラスト不動産のデメリット

デメリット①業者の比較検討はできない

三井住友トラスト不動産販売に査定依頼すると、当然ですが三井住友トラスト不動産の査定結果1件しか得ることができません。

不動産一括査定を利用した時のように複数の査定結果は得られず、査定金額の比較検討ができないのはデメリットです。

住宅ローンの関係など、はじめから三井住友トラスト不動産で物件売却することを決めている方にとっては、大手で信頼できる会社なので何の問題もありません。

複数業者の査定金額を比較検討したい方は、1度の入力で複数業者に査定してもらえる不動産一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。

デメリット②14都道府県しか対応していない

三井住友トラスト不動産販売の査定可能地域は、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県、熊本県の14都道府県のみです。

査定可能地域外の物件については査定してもらえませんので、対象地域外の物件売却を考えている方は、一括査定サイトを利用するなどして、ほかの不動産会社に依頼しましょう。

査定までの流れ

その①公式サイトにて入力する

三井住友トラスト不動産販売の公式ページにある「売りたい」をクリックすると、物件売却のページがあらわれます。物件の郵便版業や住所、名義人、電話番号、査定方法など必要項目を入力したら査定依頼完了です。

その②不動産会社から査定結果が届く

査定依頼を済ませてしばらくすると、各不動産会社から査定結果の連絡があるかと思います。

査定結果を吟味し、依頼したいと思う不動産会社があれば、その会社に連絡し担当者と相談しながら売却を進めていきます。

もし結果に納得できなければ、その不動産会社をきちんと断って、別の不動産会社を探します。きちんと断っておかないと、後々しつこく連絡がきてしまうこともありますから気をつけてください。

デメリット③グループ会社と情報共有しているかも

三井住友トラスト不動産は三井住友信託銀行グループの会社であり、ユーザーからの物件情報を内部で共有しているとも言われています。ただし第三者からは真偽のほどはわかりません。

トラブル対応と保証

その①建物検査サービス

建物検査サービスとは、築30年以内の一戸建てについて基礎や外壁にヒビや劣化がないかチェックしてもらえるサービスです。

築30年以内の一戸建てで、かつ三井住友トラスト不動産と専任、専属専任媒介契約を結ぶ事が条件ですが、知らずに事故物件を売ってしまい後々賠償請求を受けるといったトラブルを防げます。

その②土地測量サービス

土地や一戸建ての売却の際、敷地の状況がはっきりせず困る事があります。

たとえば、親から相続した土地でイマイチ自分の範囲がわからない、所有する建物が隣に越境している恐れがある、私道負担しているが詳しい面積を把握していない、土地の一部だけ売りたいがどうしていいかわからない、といったものです。

ほとんどの場合、土地家屋調査士に夜確定測量で事実が明確になるのですが、場合によって100万円以上の費用や日数がかかってしまいます。

土地測量サービスは、土地の測量や調査費用を負担してくれ、敷地の状況を把握できるサービスです。

調査測量では敷地の境界などが確定されるものではありませんが、調査測量をおこなうことで、確定測量が必要かどうかを見定めることができ、スムーズな売却につながります。

調査測量は、所有する土地に何か心配ごとがある方にとって大変魅力的なサービスです。

さらに、三井住友トラスト不動産と専任もしくは専属専任媒介契約を結べば、土地測量サービスを受けることも可能です。

そもそも隣に越境しているかもしれない、境界がはっきりしないといった状況では、売り主を見つけることが難しく、きちんと測量図を作成してもらうのが先決です。

ただし、調査測量サービスと土地測量サービスはどちらか一つしか選べません。

その③住宅設備修理サポート

三井住友トラスト不動産には、媒介契約を依頼すると最大500万円までの設備修理を会社がしてくれた上で物件を売却する住宅設備修理サポートサービスがあります。

サポート対象となるのは、マンション、一戸建ての区別はなく住宅用物件で、サポート対象設備は、エアコン、換気扇、給湯機、調理器具、温水洗浄便座、浴室乾燥機、インターホンです。

1971年以降に建てられた物件ならサポート対象なので、古い物件の売却に悩んでいる方にはこれとないサービスでしょう。

さらに、設備修理物件を購入した買い主には、6ヶ月の修理保証期間があります。三井住友トラスト不動産と専任もしくは専属専任契約した場合に限りますが、期間内に見つかった故障なら最大500万円まで保証してもらえ、万が一の備えとして安心です。

三井住友信託銀行の顧客サービス

三井住友信託銀行には貯金だか1,000万円以上の顧客に対するプレミアムサービスであるベストクオリティがあります。

対象者が三井住友トラスト不動産で物件を売却すると、仲介手数料が1〜2割安くなります。物件により仲介手数料だけで数百万かかることもあるので、大変魅力的なサービスと言えます。

ちなみに国内全世帯の実に40%が貯蓄1,000万円以上保有しているというデータがありますので、せっかくなら三井住友信託銀行に貯蓄を移して、プレミアムサービスを受ければとてもお得です。

三井住友トラスト不動産の口コミ

一人暮らししていた父が施設に入り住んでいたマンションが空きました。日当たりが悪く正直快適とは言えない物件で不安でしたが三井住友トラスト不動産さんが引き受けてくれました。途中、仕事や家のことで忙しく売却活動を1年休んでから再開。そんなややこしい事例にも関わらず、丁寧な応対で売却まで進めてくれました。本当に感謝しています。

もともと書類を読むのが苦手で、マンション売却時の書類が煩わしくて仕方ない性分です。三井住友トラスト不動産では、煩わしいことをすべて担当者がしてくださり、とても頼りになりました。担当者はにこやかで親切。安心してお任せできる印象でした。おかげさまで売却はスピーディに進み、無事希望額どおり売ることができました。地域柄などを熟知された経験豊かな担当者の尽力のたまものです。

1LDKのマンションを都心で購入し5年暮らしました。もう少し職場に近くて広い物件に引っ越したいと思い三井住友トラスト不動産の門をたたいた次第です。都心なのでたくさん不動産会社があるのですが、なかでも三井住友トラスト不動産は公式サイトに一級建築士の顔写真などが掲載されていて信頼できると感じました。当初は貸し出しにするか売却にするか心が決まっていませんでしたが、私の悩みに耳を傾けてくださり色々とアドバイスをくださるなかで、売却することに決めました。住友銀行のグループ会社なので、これから新しい物件を購入するときの相談もできてよかったです。

私のマンションはいわゆるマンモスマンションで、ほかにも売りに出している部屋があり、なかなか私の部屋は買い手があらわれませんでした。仕事の都合で新しい物件に引っ越しながら売却活動をしたため、二重家賃となり苦しかったです。当初は利益が出ると見込んでいたのですが、結局買取してもらったので売却金額が安くなってしまいました。最初に三井住友トラスト不動産にしてもらった査定額と、実際に買い取ってもらった売却額にはなんと1,000万円もの開きがありました。

査定してもらった金額どおり売り出したのですが、3ヶ月経っても買い手は見つかりませんでした。売れ残っている感じになり、はじめの予想よりかなり値段を下げての売却活動となってしまいました。それでも無事売却できたのをよしとするべきなのかもしれませんが、もっと違うところにお願いしておけば、適正価格で売れたのではないかと残念で、少し後悔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です