【ノムコムの評判】ノムコムの不動産売却一括査定の口コミ&評判とメリットデメリット

【ノムコムの評判】ノムコムの不動産売却一括査定の口コミ&評判とメリットデメリット

ノムコムとは?

ノムコムは、野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産一括査定サイトです。

野村不動産はプラウドという有名なマンションブランドを持ち、またオフィスビルのPMO
シリーズや投資家用のノムコムサービスの運営もおこなっています。

日本最大手と言える野村不動産グループが手がける安心感から、登録会員数はなんと17万人を超えており(2017年4月現在)、また月間利用者数は280万人です。

280万人という数字は業界トップであり、売り主にとって買い主をすぐに見つけられるメリットとなります。

野村の仲介とは?

野村不動産アーバンネット株式会社が運営する個人向け仲介サービスが野村の仲介です。

野村不動産アーバンネット株式会社は、野村不動産ホールディングス株式会社の完全子会社。野村不動産のマンションブランドであるプラウドはかなり有名です。

プラウドは、三井不動産の手がけるパークシリーズとともにマンションの2大トップブランドと称されています。

野村不動産はマンション作りに強みを持ち、手掛けるマンションはいつも業界のお手本のような素敵さです。

プラウドを愛する通称プラウドファンは、これまで住んでいたプラウドからまた新しいプラウドへ移り変わる生活をしています。

野村不動産グループの年間仲介手数料売上は業界4位の316億円(2018年3月現在)です。ちなみに1位は三井不動産グループ、2位は住友不動産販売、3位が東急リバブルとなっています。

ただし野村不動産の店舗数は83。三井不動産グループの281店舗、住友不動産販売の266店舗、東急リバブルの174店舗と比べてかなり少ない店舗数ながら4位にランクインするのはひとえにその実力のたまものです。

提携不動産会社は?

ノムコムは野村不動産アーバンネットの運営するサイトであり、ノムコムに査定依頼すると、野村不動産からのみ査定結果が出ます。

複数の査定結果を得られる不動産一括査定サイトと違い1社からの結果しか得られないのはデメリット。ですが、信頼できる野村不動産の査定なら複数の査定に負けない価値があるのではないでしょうか。

スピーディな売却

ノムコムは、日本屈指の不動産会社である野村不動産アーバンネット株式会社が運営するサービス。野村不動産のグループ企業であり、不動産に関する実績や知識が豊富です。

ほかの不動産会社に依頼したもののなかなか売れずに残ったままの物件や土地も、経験豊富なノムコムに頼めば買い主が見つかるかもしれません。

もちろん物件売却は実際にやってみないことには結果はわかりませんが、不動産に関するノウハウを持ったノムコムなら、スピーディに売却につなげてくれる可能性が高まります。

売れる自信のない物件をもて余している方は、ぜひ一度ノムコムを利用してみましょう。

マンションデータPlusとは?

ノムコムの便利ツール、マンションデータPlusを使えばマンションの価格相場をすぐにチェックできます。

もちろんきちんと訪問査定してもらわないことには正確な金額を出すことはできませんが、大まかな相場はマンションデータPlusで把握できます。

ただ単に過去のデータが蓄積されているのではなく、リアルタイムの価格変動にも対応しているため、マンション売却に有益です。

ただし、現在のところ、データ化対応されているのは東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県および関西の一部のエリアのみです。

とても便利なツールなので今後さらにエリア拡大することを期待したいと思います。

営業電話がない

不動産一括査定サイトを使うと、あとで複数の業者から何度も営業電話がかかってくるのが億劫です。なかには悪質な業者にあたって毎日電話攻撃に合うというケースもあります。

ノムコムなら1社からの査定だけなので、査定後のしつこい営業電話がありません。

住まいのAIエーアイANSWERアンサーとは?

ノムコムには住まいのAIエーアイANSWERアンサーという24時間チャット型QアンドAサービスがあります。

人工知能搭載のチャット型Q&Aで、不動産に関してわからないこと疑問に思ったことなんでも質問できます。24時間いつでも質問するとすぐに返事がくるのは心強いものです。

会員登録や特別なアプリは不要で、誰でもいつでも利用できるので、ノムコムに依頼するかどうか決めていない方も気軽に活用できます。

補修保証で安心

ノムコムで物件売却すると、野村の仲介+の補修保証を利用できます。

売却物件の2分の1以上は本来補修が必要な状態であり、もし売却後に物件の欠陥が見つかると、いくら売却後でも売り主が補修費用を負担することになります。

というのも物件を引き渡してから一定期間のあいだになんらかの欠陥が見つかったときは売り主が責任を負うというルールがあるからです。

ノムコムなら、物件の引き渡し後に見つかった欠陥はノムコムが補修金額を負担してくれるので安心です。

また、住宅のプロが事前に調査してくれるうえ、引き渡しから最長5年保証が付けられるのも大きなポイントです。

アマゾンギフト券をもらえるかも

ノムコムにオーナー登録するとアマゾンギフト券500円分がプレゼントされます。実際に売却までしなくても登録だけでギフト券をもらえるのは嬉しいポイントです。

オーナー登録するとマンションデータPlusを使えるようになるので、登録だけでもしておくと便利です。

ちなみにアマゾンギフト券をもらえるキャンペーンは期間限定。今のところ2019年3月31日までと表記されています。

ただ、キャンペーンの延長や、さらなるキャンペーンが打ち出されることもあるので、こまめに公式サイトをチェックしておくとよいでしょう。

1社の査定のみ

いくつもの不動産会社から査定結果をもらえる不動産一括査定サイトと違い、ノムコムから得られるのは野村不動産アーバンネットの査定結果1つだけです。

1社の査定結果しかないので複数の数字を比べることができず、その数字が本当に適正なものなのかわかりづらいのが正直なところです。

ひょっとしたらほかの不動産会社の査定だと数百万年高いかもしれません。不動産会社によって数百万の開きがあるのはよくあることで、複数の査定金額を知ることができないのはノムコムのデメリットと言えるでしょう。

対応エリアが限られている

ノムコムの査定は野村不動産アーバンネットのみ。野村不動産は、関東と関西、東海地方の一部エリアで事業展開する会社であり、田舎の地方などには対応していません。

査定をお願いしても、野村不動産アーバンネットの店舗がないところだと査定対象外となり断られてしまいます。

さらに、いくら対応地域内でもちょっと外れたところだと、あまり正確な査定結果を得られないケースもあります。

地方の不動産に関しては、地域の情報に詳しい地元密着型の不動産会社にお願いした方がよいかもしれません。

ノムコムはよいサービスですが、残念ながらエリア外になってしまう場合はほかの不動産会社を選択しましょう。

担当者の力量に左右される

ノムコムだけの問題ではありませんが、大手不動産会社には多くの社員がいて、その力量や個性はそれぞれです。

売却活動は担当者の力量などに左右されることが多く、ノムコムだから絶対大丈夫と言い切ることはできません。

ノムコムは信頼性の高い会社ですが、だからといって所属する社員がすべて同じくらい優秀とは断言できません。

なかにはまだスキルのない担当者もいて、実績や知識の乏しい担当者にあたってしまうと売却活動が難航することもあります。

複数の不動産会社から査定してもらえる不動産一括査定サイトなら、不動産会社ごとに担当者がいて、よい担当者にあたる可能性が高くなります。

マニュアル重視

ノムコムの母体は大手企業である野村不動産アーバンネット。大企業の安心感を得られる反面、大手ならではのマニュアル化に閉口してしまうこともあるようです。

担当者が個人の一存だけで、現場で判断できることは限られ、悪くいうと融通がきかない側面があります。

マニュアルがあることで査定がスムーズにおこなわれるというメリットもあるのですが、もう少し血の通った交渉をしたいと思う方には向いていません。

大手企業はたくさんのユーザーからの案件をこなさねばならず、ある程度機械的になるのは仕方ないのかもしれません。

とは言え、大切な物件をもう少しゆっくり丁寧に売却したいと希望するなら、ほかの不動産会社も視野に入れるとよいでしょう。

簡易査定も匿名ではない

訪問査定では実際に物件を見に来てもらうことから、もちろん名前や住所などの個人情報が必要となります。

ですが、ノムコムの場合、簡易査定でも、名前、電話番号、住所、メールアドレスといった個人情報の入力が求められます。

つまり、簡易査定する時点でノムコムへの本気度が試されるということ。実際にノムコムにお願いしようと思っているならよいのですが、ただなんとなく相場を知りたい方にはちょっと荷が重いでしょう。

自分の所有する物件の値段を単純に知りたいという場合は、匿名で査定できる別のサイトを利用するのがおすすめです。

3Dウォークスルー動画とは?

3Dウォークスルー動画とはノムコムが打ち出した新しい広告スタイルで、物件を立体的に見ることができます。

買い主はより実際のイメージに近い広告を目にすることができ、物件に興味が湧きます。3D動画対応の物件には情報欄に3D動画ありと表示されるので、買い主にわかりやすいです。

ホームステージングとは?

ホームステージングとは、売りたい中古物件に家具や小物を配してインテリアコーディネイトする中古物件販売方法です。

ホームステージャーというインテリアコーディネイトのプロが、部屋をより魅力的に演出し、買い主が欲しくなる部屋にしてくれます。

ホームステージングを施すと、買い主があらわれやすくなりますし、さらに少々値段が高くても欲しいというケースも出てきます。

より早くより高く売れるのですから、ホームステージングは大変魅力的なサービスです。ただし、ホームステージングは無料ではありません。

ところが、ノムコムで物件の売却を依頼すると、ホームステージングをなんと無料で受けられる特典があります。

タワーマンションの売却も

ノムコムは、タワーマンションに特化したタワーマンションギャラリーの運営もしています。

タワーマンションは売れればかなり高額となりますが、反面、売るのが難しい物件。野村の仲介はタワーマンションに力を入れているため、買い主が早く見つかり、よりよい条件で売却できます。

手厚い住み替えポート

ノムコムは、売却のみならず購入にも強みを持地、住み替えを考えている方におすすめのサイトです。

ノムコムには買換保証があり、物件が売れ残った場合、野村不動産が買い取ってくれます。

また、次の物件が見つかったにも関わらず、これまで住んでいた物件が売れていない場合、物件が売れるまで新しい物件購入の資金を工面してもらえる、つなぎ融資サービスもあります。

物件の住み替えの際には、これまでの物件が売れ残ってしまうリスクがともない不安ですが、ノムコムのこうしたサービスは大変心強いものです。

さらに、こだわり物件特集コーナーもあり、希望のイメージどおりの物件を探しやすいのも嬉しいポイントです。

補修保証

不動産売買では、物件の引き渡し後一定期間内の欠陥は、売り主が責任を負う決まりがあり、なかにはトラブルに発展するケースもあります。

ノムコムでは、土地、マンション、一戸建てに関わらず補修保証があるため、もしも引き渡し後に欠陥が見つかったときも安心です。

最長5年の期間なら、物件売却後の欠陥の補修費用はノムコムが負担してくれます。

土地ステージング

土地ステージングとは、売却したい土地への草刈り作業、防草シート施工、立入禁止ロープ設置、売物件看板設置サービスを指します。

とくに、防草シート施工をしてもらうと、荒れ果てた土地もまるで新品の土地のようにきれいになり、売りやすくなります。更地を売却したい方には是非ともおすすめのサービスです。

ノムコムの母体である野村不動産は、マンションのモデルルームにアロマを焚くなど常に最新のアイデアを取り入れる企業で、土地ステージングサービスもさすが野村不動産、大変斬新で魅力的なサービスです。

ちなみに野村の仲介はマンションと一戸建て部門において、売り上げランキングトップ2の三井不動産や住友不動産販売をおさえて、顧客満足度1位(オリコン調べ)となっています。

顧客満足度を決めるアンケートでは、担当者の接客力や対応力、売却価格や売却サポート力、契約手続きのやりやすさ、利用しやすさを記載します。とくに野村の仲介は、担当者の接客力が高評価を得ています。

ノムコムの口コミ

ノムコムの無料査定はとても簡単でわかりやすいです。まるでラインのようなチャットも使いやすいです。住所は郵便番号を入力しただけで町名まで自動検索で入力できます。私のようにパソコンがあまり得意でない年寄りにとって、入力画面がわかりやすいのはとても大事です。これなら私でもできると自信につながり、スムーズな売却活動となりました。

ノムコムは大手の野村不動産運営なので安心感が違います。口コミもよかったので、マンション売却の際に使いました。実は別の不動産会社で一度見積もってもらいおおよその金額を知っていたのですが、ノムコムの提携不動産会社ではそれより300万円も高い査定金額を出してくれました。インターネットにはイマイチうとい私でも簡単に査定を進めることができましたし、夜中でも早朝でも入力できるのは便利です。もしわからないところがあればチャットや電話で対応してくれるのも頼もしいです。

10年前に都内の葛飾区に4,000万円の価値のあるマンションをセール価格の2,800万円で購入しました。当時はリーマンショックの直後でかなりの割引率でした。このマンションを査定したら一体どのくらいの価値があるのか、ノムコムで調べてみることに。ワクワクして待っていると、なんと3,500万円の値がつき満足しています。入力画面はシンプルで使いやすく初心者にもおすすめです。ちなみにまだ売るつもりはありませんが、私のように試しに物件価格を知りたい方にも使えるサイトです。

はじめの印象がよかったことからノムコムで査定依頼してマンションの売却活動をはじめました。査定結果をくれた不動産会社で契約していざ売却活動を進めたところ、買い主が見つかったとの連絡が入りました。でもその金額は私の希望するものからして随分値下げしたもの。もちろん断って、自分で価格交渉に挑んだところ、少し値引きするところで決着しました。そのあとの引き渡しにまつわる手続きのあいだの担当者の態度も悪く、ちゃんと売却まで持っていけるのかずっと不安でした。

ノムコムの簡易査定では、簡易査定にも関わらず、かなりの個人情報を入力しなければなりません。とくに住所や電話番号は大切な個人情報のはずで、簡易入力で必要なのか疑問です。同じような一括査定サイトでももう少し簡単な入力でよいところもあります。もちろん査定結果をもらうためには何らかの連絡先が必要ですが、メールアドレスだけでも十分ではないでしょうか。個人情報の取扱いには注意していると表記があるとは言え、まるでノムコムで物件を売らなくてはいけないようなイメージで、あまりいい気がしません。

野村の仲介に向いている人

野村の仲介はどんな方にもおすすめできるサービスですが、あえて言うなら、更地を売却したい方、プラウドシリーズを売却したい方に向いています。

とくに更地売却時に土地ステージングサービスで土地をきれいにしてから売るのがおすすめです。

また、プラウドファンは、プラウドを販売する野村不動産運営のノムコムで情報を得ますから、ほかの不動産会社に依頼するより野村の仲介に依頼するのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です