【ソニー不動産の評判】ソニー不動産の不動産売却一括査定の口コミ&評判とメリットデメリット

【ソニー不動産の評判】ソニー不動産の不動産売却一括査定の口コミ&評判とメリットデメリット

ソニー不動産とは?

ソニー不動産は、2014年に設立されたソニーグループ運営の会社。ソニーグループは、音楽やアニメ、ゲーム、金融といった多くの分野で活躍する大企業です。

ソニー不動産は売却エージェント制という独自のサービスで注目されました。不動産業界にあった既存の常識をくつがえし新しい風を吹き込むソニー不動産の事業展開には目が離せません。

ちなみに、ソニー不動産は不動産一括査定サイトではないので、複数の査定結果を得ることはできません。また査定可能エリアは1都3県と限られたユーザーのみ利用できるサービスです。

それにも関わらず、ほかにはないサービスの充実度や安心感からソニー不動産は顧客満足度の高い会社です。

両手仲介しない

ソニー不動産は日本ではじめてエージェント制度を導入し、原則、両手仲介をしない運営方針で注目を浴びました。

そもそも不動産業者は、物件販売の仲介をして仲介手数料を取ることで利益を得ています。仲介手数料には上限があり、より利益を得ようと思うと契約件数を増やすしかありません。

そのため、多くの不動産業者は、両手仲介を狙うことで利益アップを目指そうとします。両手仲介というのは、売り主から依頼された物件の買い主も自社で探す方法で、売り主と買い主の両方から手数料を得ることができます。

海外での物件売買経験のある方にとっては、日本の両手仲介に馴染みません。

日本ではまだ悪しき慣習として残っている両手仲介。本来はソニー不動産のエージェント制にあるような健全な片手仲介取引が理想です。

買取で即現金化も

不動産一括査定サイトの場合、最後に選ぶ不動産会社によって売却活動が左右されますが、ソニー不動産の場合、はじめからソニー不動産しかありませんから、サービス内容や特徴が最初から明確です。

さらにソニー不動産では買取も可能。できるだけ早く物件を売却して現金化したい方にもおすすめです。

不動産会社に仲介してもらい買い主を探す通常の売却では、売却までにどうしても時間がかかってしまいます。また、情報が周りに公開される、内覧に手間がかかるというのもデメリットです。不動産会社による買取なら売却のデメリットを解消できます。

買取では売却での相場金額より安くなるのがデメリットですが、ソニー不動産を利用すると、より相場に近い金額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

物件の掃除などせずとも現状のまま買い取ってもらえますし、もちろん仲介手数料はありません。最短10日で手続き完了となり、スピーディに現金化できます。

仲介手数料を少なくできる

物件売却を不動産会社に依頼すると、売れたとき成功報酬として仲介手数料を支払うこととなります。

仲介手数料は物件の売却価格に比例するため、高く売れれば売れるほど支払わねばならない仲介手数料も高くなります。

一般的に仲介手数料=売却価格の3%+6万円+消費税で計算されます。たとえば、販売価格2,000万円の物件と1億円の物件では5倍の差となります。

ですが、ソニー不動産では、売却活動で生じた費用により仲介手数料を決めるシステムを採用しています。そしてどれほど費用が高くなっても、売却価格の3%+6万円+消費税が最大となります。

たとえば売却活動に50万円かかったとすると、2,000万円の物件でも1億円の物件でも仲介手数料は同じ50万円です。高額物件の売却を控える方にとって嬉しい仕組みでしょう。

売却エージェント制

ソニー不動産を語る上では売却エージェント制も忘れてはなりません。ソニー不動産内には売り主担当部門と買い主担当部門が存在しますが、兼任はなく、売り主はあくまで売り主を担当する売却エージェントを利用します。

担当者が買い主を同時に相手しないので、売り主に寄り添った対応をしてくれ、売り主の利益を最優先に考えてくれます。

売り主担当と買い主担当を同じ社員がおこなうと、どうしても両手取引や囲い込みが発生しやすくなります。

ソニー不動産の売却エージェント制導入は、売り主にとってよりよい売却活動ができる素晴らしいシステムです。

顧客満足度は91.7%

ソニー不動産の顧客満足度は91.7%。実際に使った方から高評価を得ているというのは、大きなポイントです。

対象エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県というのは少し残念ですが、対象エリアのユーザーにとっては、逆に手厚いサービスを受けられるメリットでもあります。

売却活動を続けるなかで何か悩みや疑問点が出てきたときも、丁寧に説明してもらえるでしょう。

土地、収益物件の売却も可能

ソニー不動産が扱うのは、一般的な一戸建てやマンションだけではなく、土地、収益ビル物件などの売却も可能です。

さまざまな物件に対して、不動産のプロであるスタッフが、ユーザーの利益を最大限に考えて動いてくれます。

たとえば、親からの相続物件を売りに出したい方には、提携の弁護士や税理士が法律や税金の手続きをサポートしてくれます。また、どう処分しようか悩んでいる土地活用についても、気軽に相談できるでしょう。

売却までの時間が長い

ソニー不動産を実際に利用した方の口コミとして、売却までに時間がかかるというものがあります。

不動産売却は相場や買い主に左右されるもので、いつどう売るかで売却価格や売却時期が変わってくるものです。

ソニー不動産としては、できるだけ高く売却しようと考えて時間がかかっているのであり、決して悪意があるわけではないのですが、できるだけ早く売りたいという方にとって時間がかかるのはマイナスポイントでしょう。

もし早く売却したいという希望‘がある場合は、はじめにそのことを担当者に伝えておくのがおすすめです。

対象範囲は1都3県のみ

ソニー不動産の売却査定は、残念ながら、東京、神奈川、千葉、埼玉と1都3県のみです。

ソニー不動産の社員数はおよそ120名。全国対応できるほどの人数ではないため現状では今の対象エリアが精一杯のようです。

一括査定サイトとは違う

ソニー不動産は不動産一括査定サイトではありません。複数の不動産会社に査定依頼できる一括査定サイトとは違い、ソニー不動産に依頼してもソニー不動産一社の査定しか得られません。

もっと多くの査定結果を得たいと考えるならソニー不動産はおすすめできません。

とは言え、ほかの不動産会社にはない特色を持つソニー不動産は、是非とも選択肢のひとつに加えたい会社でしょう。

対象エリアが少ない全国にたくさんの提携不動産会社を持つ一括査定サイトと違い、ソニー不動産の査定エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のみです。

現在は1都3県でしかサービス展開しておらず、ほかの不動産一括査定サイトと比べて見劣りする感は否めません。

ですが、対象エリアに物件を持つ方には、ソニー不動産は好条件で売却できるかもしれない会社であり、ぜひ利用したいところです。

ソニー不動産の知名度はどんどんアップしており、今後のさらなる展開が期待されます。

対応はエージェント次第

売却活動の相棒となる不動産会社の担当者。担当者の実力次第で物件売却が左右されると言われています。

もちろん担当者の質が高いと顧客満足度も高く、逆にあまりよくない担当者にあたってしまうケースもあります。有能なあまり案件を抱えすぎ、ひとつひとつの応対が雑になってしまう担当者もいるようです。

もし担当者に不満を感じたら、会社にきちんとその旨を伝え担当者を変えてもらうなどの対策を講じましょう。

個別相談会がある

ソニー不動産には、ネット上で完結する簡易査定と、逆に、担当者と直接会って話せる個別相談会があります。

ちょっと査定額を知りたいだけなら簡易査定で十分ですが、もっといろいろ聞きたいなら個別相談会がおすすめです。

簡易査定の流れ

簡易査定はソニー不動産の公式サイトから無料でおこなえます。やり方は簡単で、物件の種類や住所、名前や連絡先などの個人情報を登録して完了。査定結果はメールで届きます。

自分の所有する物件のおおよその相場を把握したいという場合には、まず簡易査定をしてもらうのがおすすめです。

個別相談会の流れ

ソニー不動産では担当者との個別相談会をおこなっています。

物件の希望販売価格や売却までの希望期間から、どのように広告を出して売り出すかなど細かい内容を相談者と相談しながら決められます。

個別相談会はどこでも可能で、ソニー不動産の店舗のほか、ユーザーの希望する場所に担当者が来てくれます。

エージェント制のメリット①両手仲介がない

アメリカでは、不動産売却において片手仲介が基本というルールがあり、ソニー不動産のエージェント制もこの考えに則ったものです。

売り主の担当者は物件を売ることだけを考え、買い主の担当者は物件を買うことだけを考えます。

一人の担当者が売り主と買い主両方につくことがなく、ユーザーとしては自分だけに集中してもらえるのがメリットです。

エージェント制のメリット②物件情報をオープンに

エージェント制では片手仲介が基本となるので、自社内に不動産情報をおいておくことをせず、同業他社に情報公開します。

ユーザーにとっては、広く情報を公開することとなるので、買い主を広く探せるのが最大のメリットです。

エージェント制のメリット③担当者が売り主のためだけに動く

エージェント制では、売り主担当者は売り主の、買い主担当者は買い主の利益を最優先に考えて活動します。

その結果、専門性が高くなり、売り主や買い主の意向を無視するような不利益な売買成立を防ぐことができます。

エージェント制のメリット④囲い込みがない

片手仲介では、売り主もしくは買い主どちらかからの手数料が不動産会社の利益となります。一方、両手仲介の場合、不動産会社は売り主と買い主の両方から手数料を得られます。

多くの不動産業者は、利益の多い両手仲介を目指しているのが事実です。

もちろん同業他社に広く情報公開をしてから、営業努力で両手仲介に持っていくのはいいでしょう。

ですが、そうではなく囲い込みをして両手仲介を得るのは問題です。囲い込みとは他社に情報を公開せず、自社だけで情報を隠し持つ行為です。

ソニー不動産は片手取引しかしていないので、悪しき慣習である囲い込みはありません。

エージェント制のメリット⑤さまざまなコンサルティング

ソニー不動産の母体であるソニーには多くのグループ子会社が存在します。

  • 提携ローン・・・ソニー銀行などの金融機関が紹介してくれる
  • 火災保険や地震保険・・・子会社の保険会社が最適なプランを紹介してくれる

さまざまな分野のプロが揃っていて、ユーザーの悩みに最適なコンサルティングが可能です。

おうちダイレクトで手数料サービス

ヤフーとソニー不動産が共同運営する、おうちダイレクトを利用すると、仲介手数料無料にすることができます。

おうちダイレクトは、不動産会社を介さずに中古マンション売却できる新しいサービスです。

売り主が公式サイトに物件情報を掲載し、それを買い主が閲覧して応募できます。ただし、完全な個人だけでの取引ではなく、売り主と買い主のマッチングの後、ソニー不動産が仲介や手続きをしてくれ心強いです。

とくに物件売買に多少慣れている方にはおうちダイレクトがおすすめです。

グーグルマップによるシステム

ソニー不動産は、グーグルマップとマンション物件データベースを組み合わせて独自の物件情報システム「ソニー不動産物件検索マップ」と「不動産価格推定エンジン」を開発しました。

これらのシステムを使うと、グーグマップ上で不動産の売り出し価格や成約価格をチェックすることができます。

昔ならコピーしたゼンリン地図を使っていたところが、タブレットでどこでもスマートに情報を得られるのです。担当者が物件を把握して査定する時間も短くなり、作業効率抜群です。

さすがソニーのグループ企業ならでは、ソニー不動産の手腕に驚かされるばかりです。

ヤフーに不動産売買プラットフォームを開設

ソニー不動産は2015年の夏、ヤフージャパンと提携しました。11月には、不動産売買プラットフォームとしてトップページからおうちダイレクトを見られるようになりました。

おうちダイレクトとは?

おうちダイレクトとは、マンションの売り主と買い主を直接結びつけるマッチングシステムで、データベースを使うことで、最短1分で価格査定もできます。

売り主にとって仲介手数料がかからないのが最大のメリット。ただし、買い主は、3%+6万円+消費税を上限にソニー不動産に仲介手数料を支払います。

おうちダイレクトを活用すれば、売り主は内覧から契約決済まで自分でおこなえば仲介手数料無料で物件を売却できます。

ただし、初心者が内覧から決済まですべてを取り仕切るのは難しく、途中でソニー不動産にサポートしてもらうケースが多いようです。

ソニー不動産にサポートしてもらうと、結局何らかの費用が必要となり、なかなかまったくの無料になることは少ないのが現実です。

ソニー不動産の口コミ

遠方にあるマンション売却の際、はじめから最後まで丁寧な対応をしてくれたソニー不動産には感謝しかありません。すべて電話かメールでのやりとりでしたが不安を感じることなく売却活動を進めることができました。こまめに状況をご連絡くださったので安心してお任せできました。なかにはブラックな不動産会社もあると聞きますが、ソニー不動産はさすが大手です。これからのご発展を心からお祈りいたします。

東京都内にある2SLDKのマンションを売り出したのですが、ほかのところでは相場より200万円低い金額にも関わらず売れ残ってしまいました。困ってしまいソニー不動産に相談してお願いしたところ、売り出してから1週間のあいだに5件もの内覧がありました。ソニー不動産では内覧の時はできるだけ生活感を出さないように演出してくださいとアドバイスをくださり、そのおかげで無事買い主様とのご縁がつながりました。また、売れるまで定期的に現状のレポートをくださり励みになりました。

せっかく都内の立地の良いマンションを購入したのですが、転勤することになりました。もともと地方出身なので転勤自体にそれほどショックはありませんが、マンションを手放すのは残念です。せめて出来るだけ高く売りたくて大手のソニー不動産に仲介をお願いしました。この選択は本当に大正解。当初予想していた金額よりかなり高く売却できることになりました。私の担当者はとても手馴れていて、スイスイと業務をこなしてくれました。ありがとうございました。

すぐに買い主が見つかったのはたまたまラッキーでしたが、ソニー不動産の対応にはクエスチョンマークです。私の希望金額をただそのまま買い主に伝えただけで、とくに努力もしていない感じがします。もっときめ細かなアドバイスや親身な対応など、人間味を感じる応対が欲しかったです。大手はどうしても機械的になりがちで、ソニー不動産はまさにその典型という感じです。

ソニー不動産にマンションの専任契約で売却依頼したのですが、結果は未成約です。確かに色々と戦略を立ててはくれましたが、その説明は初心者にわかりづらい専門用語だらけで、買い主にも伝わりづらそうな印象でした。知識があるのは確かによいことなのですが、もっとユーザーに寄り添ったやり方を希望します。早く売りたかったので買取でもよかったのですが、ソニー不動産には頼まず、ほかの不動産会社に買取してもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です